フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« の~んびり・ラン | トップページ | 問題行動の治し方(飼い主編) »

2008年5月12日 (月)

犬の問題行動、人のダイエット

以前にも書きましたけど、この二つは結構似てると思うんですよね。

似てるけど違う、「似て非なるもの」ってところですかね。

何が似ているか?と言うと、先ずは「本」のタイトル。

「たった一週間で出来る・・・」、「誰にでも出来る簡単・・・」なんてタイトルが目に付きますよね。

でも、現実には急激なダイエットにはリバウンドがつき物だし、きちんと書かれた犬に関する本では「専門家に相談して下さい」なんてことが結構書いてありますよね。

じゃあ、何故、何れの場合も「簡単・・・・」的な本が売れるんでしょうか?

私は、やっぱり人の心の弱さとか、出来れば手を抜きたい、みたいな心理を上手くくすぐることと、何よりも成功例を示すことが出来るからなんだからだろうなあと思っています。

「成功例を示す」。これは重要ですよね。犬の問題行動も人のダイエットも当事者にすれば、元々「何とかしたい!」とは思っている訳ですから、既に「動機」は十分あるんですよね。

そこに持ってきて「成功例」を示されたら、誰でも心が動きますよね。

人のダイエットはともかく「ゴル男の破壊活動」に悩んでいた私は、そんな本を随分読みましたし、プロに教わりながら実践もしましたね。

結果は、費用対効果という観点からみれば、多量の不良債権を抱えて倒産した企業経営者ってところですかね?とは言っても私にはそんな経験はありませんし、あくまでも無駄な投資という観点からのお話ですよ。

とにかく投資はかなりしましたが、肝心な「成果」は全くありませんでした。

じゃあ、そんな「夢」みたいな話はやっぱりないの?専門家じゃないと無理?

そんなことも無いんですよね。犬の問題行動に関して言うならば、ほとんどの場合、簡単に治ると思いますよ。

いい話でしょ?でも、これは事実ですからね。

さて、最初に犬の問題行動を治すことと人のダイエットは「似て非なるもの」と書きましたけど、次に「非なる」ことを書きますね。

どこが違うかというと、ダイエットの場合、原因ははっきりしてますよね。必要以上に栄養を摂取したから「太った」ってことですよね。

だから、本に書いてあることは「如何にして効果的に痩せるか」ってことになるわけで、言わば「テクニック本」ですよね。

じゃあ、犬の問題行動の場合は?と言うと、一番重要なことは「原因をはっきりさせる」ことなんですよね。

先ずは、「原因」からなんです。「何故?」が解決しないんですから「対処方法」なんて分かるはずはないんですよね。

だから「本」に書いてあることを「テクニック」として実践しても、当然に効果が出なかったりすることがあるんですよね。

ここが一番の違いですね。

でも、原因さえはっきりさせれば、治すのは実に簡単!ってなるんですね。

本当に「魔法」のように簡単に治りますよ。

それから、もう一つ、犬の問題行動とダイエットに共通していることがあります。

人間の場合「太りやすい体質」ってありますよね。

以前聞いたことがあるんですが、「幼児期に脂肪細胞の数が決まり、そのことが太りやすい体質になるかどうか重要な要素となる」ということらしいですね(伝聞なので確信はありませんが・・・)

つまり幼児期に重要なポイントがある!

犬の場合にも生後一定の時期に犬との社会化、人との社会化(要は犬馴れ、人馴れです)がなされていないとその後の生活に大きな影響を与えるんですね。

これは科学的に立証されているので確かなことです。

これも幼児期に重要なポイントがあります。

両方とも幼児期に重要なポイントがあって、そのために同じことをするにも他の人よりも苦労することになる場合も有り得るってことですね。

でも、少なくとも犬の場合、不可能と言うほどのケースを私は見たことも聞いたこともないので、先ずは大丈夫だと思いますね。苦労する場合はあると思いますけどね。

あと、もう一つ、両者の決定的な違いを書きますね。

ダイエットは「自分の意志」で成否が分かれますよね。でも、犬の問題行動は「犬」に理解させなければ成功は有り得ません。

飼い主さんは「先導」するだけなんですね。「導いて」あげるしか出来ません。ここが一番の違いですね。

さて、今回も長くなりました。次回以降は、今までも何回も書いてきましたが、より具体的に「犬の問題行動をいかにして治すか」をテーマに書きますね。

次回以降もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« の~んびり・ラン | トップページ | 問題行動の治し方(飼い主編) »

コメント

まさに昨日のお話ですね。
原因を見極めて正しく導いてあげることなんですよね。

<ショコラママさん>
そうですね。
やっぱり「原因」が分かれば「対応」が出来るんですよね。
もう、原因も確信が持てたし、大丈夫ですよ!

初めまして。ショコラ家から来ました。
記事を読んで、すごく心を打たれました。
今まで色んな本を読んできましたが、こんな気持ちは初めてです。
またお邪魔させていただきます、宜しくお願いします!

<ayucchiさん>
初めまして。
コメントありがとうございます。
私の経験が少しでも参考になればと思って書いています。
これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« の~んびり・ラン | トップページ | 問題行動の治し方(飼い主編) »

ゴル男の仲間達