フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題行動への対応(管理人編) | トップページ | 犬同士の遊びの問題 »

2008年5月15日 (木)

問題行動の原因と対応

さて、今回は、実際の「問題行動の原因と対応」と題して書きますね。

私達のドッグランに来てくれた全ての方の「犬の問題行動」を解決した訳ではないので、その点を先ず書きますね。

これは、ドッグランを開設した当初のことなので、今現在の話ではありません。

改善出来なかった理由は簡単です。飼い主さんが治したいと思っていなかったからです。

実際に問題行動を治すためのキーワードは、一に「飼い主さんの強い意志」、そして二番目は「ワンコ先生」の存在です。

私達管理人の役割は単なる応援団に過ぎません。まあ、そうは言っても全員が一通りの知識は持っていますし、豊富な経験を持っている者もいますし、資格を持つ者もいます。

でも、所詮は「応援団」なんですね。だから、飼い主さんと「問題意識」を共有出来ないと何も改善出来ないんですね。

「治す」ために愛犬を導いてあげるのは飼い主さんですし、教えるのは「ワンコ先生」=「管理犬」なんですね。

私も含めて「人」はどうしても自分に都合よく物事を理解しようとする傾向がありますよね。

例えば、男の仔の場合、未去勢だと、ある程度は、なわばり意識が強かったり、他のワンコとの上位下位の争いをする傾向が出易いですよね。マウントする場合もあります。

女の仔を追い掛け回して臭い嗅ぎばかりする仔もいます。ひどい場合にはマウントしようとする仔もいます。

これをどう考えるか?飼い主さんの判断になるんですが、何れの場合も性成熟との関連があって、決して望ましいことではないんですが、男の仔にマウントする場合と女の仔にマウントする場合では意味が違うケースがほとんどだと思います。

でも、それが分からないなんて方もいますし、ある面には寛容である面には厳しい、なんて方もいます。それじゃ駄目なんですよね。

また、テーマと大幅にずれそうな予感がしますので、軌道修正しますね。

私達のドッグランで改善出来たケースの「原因」と「対応」がテーマでしたよね。

代表的な例を書きますね。「犬が苦手」という場合です。

通常、大型犬の場合には、一緒に生まれる仔の数も多く、母犬がきちんと育てていれば、「犬馴れ」は出来ているでしょうし、「犬としての遊び方のマナー」も覚えていることが想像出来ますよね。

だとすれば、「犬が苦手になった」という「理由・原因」がその後の生活の中に何かあるはずですよね。

でも、例えばフレブルのように一緒に生まれる仔も少なく、母犬が育児放棄なんて状況だと、非常に早い時期から「人とだけ接触」してしまい、結果「犬の社会化」には失敗してはいないけど遊び方やマナーまでは「覚えていない」なんてこともあるかも知れません。

だから、前回書いたように、私達管理人は最初に飼い主さんから「ワンコに関する情報」を得る努力をするんですね。

でも、実際には、飼い主さん自身も「分からない」ってことも少なくないですよね。実際、私はゴル男がどのように育ってきたのか、全く知りません。

そんな場合には「観察」が重要になるんですね。前回書いたように「管理人の役割分担」が意味を持ってくるんですね。

まあ、ドッグランで一日一緒にいると原因自体は大体分かりますね。だから、対応も簡単になります。

原因は様々でも単純に「犬が苦手」ってケースは、よほど特殊なケースで無い限り、簡単に治ると思いますよ。

実際、驚くほど簡単に治ります。

どうするかと言うと「飼い主さんとの関係を見直す」だけです。

じゃあ、どう見直すか?というと・・・

すご~く単純明快ですよ。

愛犬との関わりを「強くすること」です。常に意識の中に置いておくことですね。

「犬同士の遊び」よりも「自分との遊び」を楽しませることです。とにかく何よりも「飼い主さんが大好き」にすることを考えるべきなんですね。

犬との遊びは、二の次です。

他の犬達と同じ空間で「自分と遊ぶ」ことを愛犬に意識させることなんです。それが一番重要なんですよ。

細かなことは色々ありますけど、これまでに何回も書いて来ましたが、「見て、触れて、一緒に遊ぶ」

これを実践することです。

他のワンコとの関係を気にするよりも、自分との関係を今一度見直すことですよ。

例えば、ドッグランで遊び始めようとしているとき、自分の声にきちんと反応しますか?

呼び戻しは出来ますか?

どんな家庭でも、見直してみると良いと思いますよ。

愛犬との「絆」を見直して下さい。

また、また、長編になって来ましたね。

これから具体的なことを書き始めると、超長編になりそうなので、それは改めて書きます。今回はここまでですが、次に書くときには、もっと分かり易く書きますから。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

今週末は良い天気だといいなあ~

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 問題行動への対応(管理人編) | トップページ | 犬同士の遊びの問題 »

コメント

単純明快・・・確かにそぉかもしれません。
そぉだとも確信してきたこの頃。
伝え方も接し方ももっと頑張らなくてはいけませんね。
離れている場所に居ても心の中でショコラに話しかけるようにしてます。いつか通じてくれると嬉しいのですが・・・

もう、十分に通じていますよscissors
あとは、ショコラが行動と結びつけることができるかだけですよhappy01
あせらずに行きましょうnote
もうじきですからね、まったりショコラを私も見たいですよheart04

こんばんは。

パパさんのブログを読んでると
わが家のあんずの問題行動も治りそうな気がしてきます。
すももとあんずの不仲さえも・・・。
私の実感では、家の中と外では
微妙に反応が違う。
外の方が、仲良く出来てます。

せめてあんずのわん子ちゃんへの警戒行動が
なくなってくれればなぁ。
競技会の会場などでは、イイ子ちゃんなのに
お散歩では、威張ってて。
なんででしょうね。

<sumodzさん>
詳しいお話は分からないですけど、きっと改善されますよhappy01
原因は分かりませんけど、元々仲良しだったんですから、群れのα的な問題からでしょうかねsign02
でも、改善できない問題ではないと思いますよhappy01
慌てず騒がずですよねscissors

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題行動への対応(管理人編) | トップページ | 犬同士の遊びの問題 »

ゴル男の仲間達