フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題行動の治し方(飼い主編) | トップページ | 問題行動の原因と対応 »

2008年5月14日 (水)

問題行動への対応(管理人編)

今回は、私達のドッグランでの実際の対応方法を書きますね。

毎度の事なんですが、事前に伺う相談の内容は皆さん共通して「ワンコが苦手」ということ。犬を見ると吠える、すれ違いざまに攻撃しようとするとかですね。

実際にお会いしてみると、確かに全てのワンコが興奮してしまい、そのままの状況ではとてもドッグランでリードオフは出来ないって感じになりますね。

それでも私達の場合、ある程度は「管理犬」に任せますので、必ず一度はリードオフします。

大体の場合、吠える噛み付くなんて事が起きます。大きな怪我にはなりませんが、多少の流血もありますね。そして飼い主さんは凹んでしまう。これが私達のドッグランの定番メニューですね。

でも、私達のドッグランで問題行動を治そうとする場合、「リードを放す」ということは不可欠なんですよ。

ご存知の方も多いと思いますが、他の仔が自由にしている中でつながれたままの状態にしてしまうと犬の「警戒心」が益々強まってしまい、いつまでも興奮状態が続いてしまうんですね。

もちろん、問題を抱える仔を新たに迎える場合には、私達も事前に打ち合わせをして、ドッグランを改造したりして、細心の注意を払ってはいますが、それでも多少の問題は起きますね。

何かあれば、私達が直接犬を止めることもしますが、最近は、主に管理犬のリーダー格のバルトが他の仔達を見てくれてますね。

もめごとが起きそうになると、ちゃんと間に入って止めてますよ。バルトの不在時には、葉月が代わりをしてくれます。

もちろん、全て管理犬任せにしてはいませんよ。来場者の方達は気付いていないかも知れませんが、事前に管理人の役割分担もしています。

当然、それぞれのケースの直接の担当者も決めていますし、他の管理人は他の仔や飼い主さん達の動きを観察するようにしています。

まあ、傍目には、焚き火の番人とBBQの担当者位にしかみえないかも知れませんがね。

実は、これがすごく重要なことで、私達管理人の役割は「犬が動き出す前」に不穏な行動を察知することなんですね。

動き始めてしまっては、我々の「脚力」では当然追いつくことなんて出来ませんし、後は管理犬に託すしかなくなってしまうんですね。

自画自賛になるかも知れませんが、本当に管理犬達には頭が下がりますね。ボーっとしてるのかと思うと、直ぐに動いてもめごとを未然に防いでくれてます。

そしてこの「事前に察知する」ことを飼い主さんに覚えてもらうんですね。そうすれば、私達がいない他のドッグランに行っても、問題なく過ごすことが可能になるんですよ。

先ずは、飼い主さんに愛犬の行動と心理状態の関係を理解してもらって「未然に防ぐこと」を覚えてもらいます。

その間、私達は飼い主さんとワンコの動きを観察して、問題行動の原因を探ります。それから、皆で「食事」って感じになります。

この人もワンコも一緒に「食事をする」ということにも「意味」があって、飼い主さんと愛犬との関係を拝見する良い機会になるんですね。

皆さん、愛犬と一緒ににBBQをやって同じものを食べるなんて経験はないので、楽しんでくれますし、ワンコ達にも「上げ過ぎ」位に食べさせますから、それまでどんなに緊張していても一気に和んだ雰囲気になりますね。

以前「犬の裏切り」という回で書きましたが、犬は正直者なので、皆が「くれる人」のもとに行き、他のワンコ達と一緒にきちんとお座りをして順番を待ってにもらっているので、これもワンコ達には良い経験になっていると思います。

実は「食べ物を前にして、順番を待つ」なんてことは、かなり難しいことで、結構危険性もはらんでいるんですけれど、私達管理人も細心の注意を払ってますし、多くのワンコに食べ物を順番に分け与えるにも技術が必要なんですよ。

でも、それより何より、ワンコ達の素直さ賢さには本当に敬服しますね。

それまで唸り声を上げながら「闘争一歩手前」状態だった仔達が仲良く並んで食事なんて素晴らしいとは思いませんか?

ちなみに今まで吠えたり威嚇したりなんてことは一回もありません。当然、未だに無事故です。

さて、食事が終わるとワンコ達は遊んだり横になったり、自由にドッグランを楽しみ始めます。この段階になると油断は出来ないものの、ワンコ達もかなり和んできます。

ここからが管理人本来の仕事の始まりです。担当者が飼い主さんから「問題行動」について、じっくりお話を伺うことになります。

もちろん、最初にもお話は伺うんですが、食事をして少し和んだ後で、さらに詳しくお話を伺って原因を探ります。

かなり、突っ込んでお話を伺うこともありますし、それまでの間で分かったことをお話したりもしますね。

会話に参加しない管理人は、聞き耳を立てながらも焚き火の前でドッグランの様子を見ています。気は抜けませんからね。

そしてドッグラン終了後には「管理人の反省会」をやります。ここで、お互いの意見交換をして、次回以降の具体的な対応を話し合います。

それでも時間が足りないときは、電話やメールでも継続しますね。次の来場の前日まで続く、なんてこともありますよ。

そこまで時間を掛けて話し合うテーマは何かと言うと、問題行動の原因?ではないんですね。実は、原因は一回目でかなりの部分が判明しているんですよ。

そこから先は「如何に飼い主さんに分かり易く伝えるか」がテーマになりますね。

ドッグラン終了後には、管理人の意見交換を踏まえ、私から飼い主さんに「感想」としてメールを送ります。次回までに「実行して欲しいこと」を伝えたりもしてますよ。

もちろん原因によっては、飼い主さんの粘り強い努力が必要な場合もありますが、二回目の来場でかなり改善出来ますね。

不思議な位変化しますよ。飼い主さんにすれば「今まで何を悩んできたんだろう?」って感じだと思います。

でも、この段階ではまだ「改善」なんですね。「治す」ためには、さっき書いたように飼い主さんが愛犬の気持ちを理解出来るようにならないと駄目なんですね。

多分、こちらの方が時間が掛かると思いますし、実際にそうなってますね。

私達管理人も「改善」するまでは、かなりの部分で関わるようにしていますが、「改善後」は飼い主さんに頑張ってもらうことにしていますので、尋ねられない限り、積極的にアドバイスをすることもしないようにしていますから。

もう、その段階では、ワンコとの生活を十分に楽しんでいる筈なので、さらに「楽しみたい」と思うのなら、ご自分で努力してもらうようにしています。

たまに「鬼!」とかいう方もいますが、「鬼!」で結構、私達管理人は「ワンコには優しく、飼い主には厳しく!」がモットーですからね。

まあ、真面目に書くなら、安心感からの飼い主さんの手抜きは決してしてはいけないことなんですよね。

だから、常に愛犬に対して前向きでいていただきたい!という管理人一同の願いもありますしね。実際私達も一飼い主として、そうしていますから。

また、また、長編になって来ましたね。

具体的に私達が対応した具体的な「原因」については、次回以降に書きますね。

ということで、次回もまた、乞う、ご期待!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 問題行動の治し方(飼い主編) | トップページ | 問題行動の原因と対応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題行動の治し方(飼い主編) | トップページ | 問題行動の原因と対応 »

ゴル男の仲間達