フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 休日といっても・・・ | トップページ | 匠の技 »

2008年5月 1日 (木)

ゴル男の性格

人間と同じように「犬」にも様々な「性格」がある。

まあ、私達「犬」の場合、「人」ほど悪い意味での「個性」を持つ奴は少ないと思う。

あっ、申し遅れました。ゴル男です。

今回もまた私が担当するのでよろしくお願いします。

「犬の性格」の手始めは「私=ゴル男」から書くとしましょうか。

まあ、私のことについては、我が飼い主♂が今まで散々悪口を書いてきたようだが、今回は私から、あらためて「正確」に私の「性格」を書かせてもらうことにする。

遅ればせながらの自己紹介である。

年齢は、先日4歳になったばかりであるが、「落ち着いた犬格」を有している、と自分では思っている。

私の場合、既に皆さんご存知とは思うが、生来の犬嫌いであった我が飼い主♂の家に来てしまったことから、以前は、「犬が苦手な『犬』」であった。

苦手と言っても「怖い」とか「吠える」とかではなくて、犬としての「社交性」に欠けていたのだ。

ついこの間まで、「犬のご挨拶」が出来なかったのである。

臭い嗅ぎをされることは、一向に構わなかったのであるが、自分から先方の下半身の臭いを嗅ぎに行くなどということは全くしなかった。

しかし、これはやっぱり我が飼い主♂のせいである。以前、奴も書いていた通り、奴が私の「犬としての自然な行動」を阻止していたからである。

奴は、散歩途中、他の犬に会っても、私が「動く」ことを許さなかった。

常に「待て」ばかりであったのだ。

結果、私は他の仔と出会う度にショドーッグのように「顔を上げ、胸を張り」先方の仔が満足するまで、じっとしているしかなかったのである。

悲しい思い出である・・・

次に同じ理由から「犬らしい遊び」をしない。

正直、これは私自身も望んではいないので、一生涯「犬っぽい遊び」はしないだろう。遊び相手は人間に限る。

体力のない我が飼い主達と遊んであげるのが、何と言っても「楽しい!」

こればかりは譲れない。

あと、私は「人間大好き」である。

ドッグランでも、管理人のおっさん達の側でいたずらをしたり、彼らを適当に構ったりして楽しんでいる。

特技は「狩猟」である。

風で舞い上がる枯葉を追わせたら、私の右に出る者はいまい!

普段は私のDNAの中で眠っている「猟犬の血」が目覚めるのだ。何時、私の記憶の中に「狩猟本能」が組み込まれたかは定かではないが、確かに血が騒ぐのだ。

嗜好品は「梨の枝」である。

これあ、なかなか「美味い」のだが、食べ過ぎると「吐く」ことになるので、人で言うところの「酒」のようなものかもしれない。

私も吐くたびに我が飼い主♂に「少しは学習しろよ!」と叱られるのだが、こればかりは止められない。これを「悪癖」とでも言うのだろうか?

何となく「のんべえ」の気持ちがわかるような気がする。

まあ、これまで書いた内容から想像出来るとは思うが私の「性格」は「明るい」。

楽しいことが好き。

誰とでも同じ空間で過ごすことが出来る。

でも、一人で自由にしているのも好き。

という「犬」である。甚だ簡単であるが私の自己紹介とさせていただく。

また、登場の際には自分の事を書くつもりなので、これからもよろしく!

次回、私の出番があるのかは不明であるが、機会があったら、また、参上するので、それまでの間もまた、乞う、ご期待!

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私の飼い主♂へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 休日といっても・・・ | トップページ | 匠の技 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日といっても・・・ | トップページ | 匠の技 »

ゴル男の仲間達