フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 私の反省 | トップページ | 意地悪な例題 »

2008年4月19日 (土)

犬との暮らしの落とし穴

さて、今回からは、心機一転、ワンコとの暮らしの中で飼い主の落ちやすい「落とし穴」について書きますね。

題して、「落とし穴シリーズ」です。

今回は犬から言わせれば「人の問題行動」とでもなるのかも知れませんが、飼い主さんが陥りやすい「誤解」という「落とし穴」について書きますね。

まあ、私もその中の一人なんですが、私の場合には随分と深い「落とし穴」に落ちてしまいましたから、這い上がるのが大変でしたけれども・・・

私はこのブログの中でも、よく「本に書いてあること」を引用しますが、ここにも大きな「落とし穴」があるんですよね。

何と言っても「犬についての研究」はまだ歴史も浅いというか、「確定的」なことなんてごく少ないんですよ。

だから、いわゆる「しつけ本」になると、色々な意見のオンパレードになっちゃって、違う「しつけ本」を読むたびに「悩みが深まる」なんてことが起きるんですね。

私もかなり悩みましたから、今現在、お悩み中の方の気持ちは痛いほどよく分かりますよ。そのための「投資」もかなりしましたしね。

「お金」を使って「悩みの種」を買ってくる、なんてことを随分繰り返しましたよ。本当にトホホです!

今回は、その「悩みの種」「誤解の元」について書きますね。

先ずは、先程も書いたように「絶対という答えがない」ということが「飼い主の心を揺さぶり」⇒「悩ませ」⇒「試行錯誤を繰り返し」⇒「大きな誤解につながる」という原因になっているんだと思います。

確かに「専門家」が書かれている「本」なので、間違ったことは書いてないですよね。

でも、例えば、「吠える」という行動を止めさせたいと思ったとしても、原因が違えば対処方法も当然に違って当たり前ですよね。(これは誰もが納得していただけることだと思います)

さらに、たとえ原因が同じだったとしても、それぞれの「仔」の「個性」によって有効な対処方法が違ったりするんですよ。

これは何となく「納得しにくい」ですよね。

でも、実際ワンコの個性によって、それぞれの対処方法に「向き」「不向き」があったりするんですよ。

だから、皆さん、悩むんですよね。私もそうでした。

何とか自分の仔の問題を「本に書いてある方法」で治そうと頑張るんですよね。

でも、これが「大きな落とし穴』だったりするんですよ。

冷静に考えれば、「答え」に「問題」をあわせようとするなんて、本当に「本末転倒」なんですよね

無意味な行動ですよね。本当に飼い主の「問題行動」かも知れませんね。

以前にも書きましたけど、「答えは目の前にある(いる)」んですよね。でも、それが見えない!かなり、やばいですよね。

こんな時、結論を書くならば、結果的に一番手っ取り早い方法は、とにかく、愛犬をよ~く見て、愛犬の個性を理解したうえで、問題行動の原因を知ることから始めることなんですよ。

「何をしたいの?」「何故、そんなことをするの?」そこから始めることですよね。

「問題行動の治し方」でも書きましたけど、「犬種特性」も含めて「個性」を理解することが重要なんですよね。

これが上手くいかないと「その時だけ止めさせる」ことは出来ても、問題を解決することは出来ないんですよね。

「その時だけ止めさせる」

実は、これ、意外と簡単なんですよ。

よくテレビとかでやってるやつとか、○○が一発で治る本とかに書いてあるやつですね。

この場合、往々にして「緊急避難」みたいな対処方法もあったりして、根本的な解決にはならないこともあるんですよね。

だから、トレーナーさんが飼い主の目の前でやると治まるのに、帰宅して自分がやると全く駄目なんてケースもありますし、本に書いてある通りにやってるのに少しも上手くいかないってこともあったりしますよね。

それに「専門家」と「素人」で「結果」に差があるのは当たり前、ということも忘れがちですよね。

「落とし穴」の一つと言っても良いでしょうね。

まあ、仮に上手くいったとしても、「その時は止めるけど、しばらくすると同じことを何度も繰り返す」なんてこともあったりしますよね。

結局は治っていないんですよ。

それで「悩める飼い主さんは益々悩んだりする」んですよね。私はその典型でした。

本当にワンコとの暮らしは楽しいけれども、大変なことも多いですよね。

私もゴル男には随分と・・・。愚痴は止めましょう!

愚痴の山になりそうなので、今回は、この辺で終わりにしますね。次回はもう少し具体的なことを書きます。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 私の反省 | トップページ | 意地悪な例題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の反省 | トップページ | 意地悪な例題 »

ゴル男の仲間達