フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 叱る! | トップページ | 風邪! »

2008年4月24日 (木)

不愉快な散歩!

前回、次回からは、何か楽しい話題を提供しますと書きましたが、実は、非常に嫌な気分を味わいましたので、そのことを書きますね。

タイトルに書いたとおり、夜の「散歩」での出来事です。

我が家はいつも大体夜の9時位に私達夫婦とゴル男で30分程度の散歩に出るのですが、まあ、時間が決まっていると途中で出会うメンバーも変わらない訳で、夜の散歩ということもあって、大体、「訳あり犬」が多いんですね。

典型が「吠える仔」パターンです。私達はいくら吠えられても唸られても一向に気にしないので、そんなことは全く構わないのですが、残念なのが、飼い主さんの行動なんですね。

今回はそのことを書きますね。我が家のα曰く「あれじゃ、犬が可哀想!」と言わしめた方のお話です。

この飼い主さん一家には二頭の「小型愛玩犬」がいるんですね。

大体は「娘さん」が散歩に出ていて、我が家と遭遇した場合、道の反対側に回避されるか、吠える仔を抱いて我々に背を向けてその仔に私達が見えないようにしながら「大丈夫、大丈夫」とささやいています。まあ、私にも一生懸命さが伝わってきて、心の中で「頑張って下さいね」と言いながら通り過ぎるようにしています。

また、お母さんの場合も抱き上げるまではしないまでも、我々を避けるなり、ワンコをなだめるなりして一生懸命落ち着かせようとはなさっていますね。

余談ですが、この飼い主さんの行動が「吠えることを止めさせる」ことに効果的かどうかは疑問ですね。

話を戻します。

ところが、お父さんの場合というか、おやじの場合、最悪でしたね。正直、私は頭に来て、「あんたが奥さんや娘さんの努力を無駄にしてるんだよ!」と言ってあげたくなりました。

私が目撃した行動を書きますね。

まあ、このおやじとも今までに何回かは出合っていたんですが、いつもワンコの動きが変なんですね。飼い主からかなり離れるんですよ。何となく「フレキシブルリード」かな?なんて思っていたのですが、実はノーリードだったんですね。(これは、一昨日判明しました)

まあ、そんな人もいるよな~位に思っていたんですが、実は、昨夜、そのうちの一頭の仔が私達の方に走ってきてしまったんですね。そして、もう一頭の仔(毎回吠える仔です)は少し離れたところで、唸り声を上げながらずっと吠えていました。

私は、ゴル男に「ゴル、待って」と言い、じっと飼い主さんの行動を見守りました。走り寄って来た仔は、フレンドリーな感じでしたけれども、ゴル男の2m位手前で止まり、黙って私達の方を見ていました。

当然にそのおやじは遅れながらも私達の方に走って来ました。その際、もう一頭の仔はほったらかしです。

そして何をしたか?というと、その仔に向かって「馬鹿野郎!何してんだ!」と怒鳴り、引きずるようにもう一頭の仔の側に戻り、二頭にリードを着けてから、私達の側を無言で通り過ぎました。

その後、遥か向こうからでも聞こえる位の声でワンコを叱り続けていました。

私は最初「馬鹿野郎!」と来たときに「俺に喧嘩売ってんのか?」位に思いましたね。

年代的には私よりも上の方のようで、多分、50台後半から60台の方だと思いますが、これじゃいくら奥さんや娘さんが頑張ってもワンコは治らないなあ~って思いましたね。

吠えている仔が本当に可哀想に思えました。

私の感想です。

「何が馬鹿野郎だ!馬鹿はお前じゃ!」と二頭の仔達が言っているように私には思えました。

犬は飼い主を選べない!皆さん、本当に気をつけましょうね。

現在では、犬の社会性よりも飼い主の社会性が問われることが多いと思います。「犬」に「恥」をかかされる「飼い主」よりも、「犬」に「恥」をかかせる「飼い主」の方が多いのかも知れません。

皆さん、愛犬に「恥」をかかせないようにルールやマナーには気をつけて下さいね。

これ以上「犬達」に肩身の狭い想いはさせたくないですよね。

今回は、私の怒りに満ちたブログになってしまいました。次回こそは楽しい話題を提供したいと思ってますよ。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 叱る! | トップページ | 風邪! »

コメント

ホントに不愉快なお散歩でしたね。
「吠える」には理由があるのに頭ごなしに
「バカ野郎」はないですよね。
そぉいう方は、躾=圧力で威圧なんでしょうが犬は飼い主を選べないのが本当に可愛そうです。

<ショコラママさん>
そうですよね。
飼い主を選べないんですよね。
せめて、愛犬を叱るより、誉めることに
エネルギーを注ぎたいですよね
残念な気分でしたよ

悲しいくらいですね・・。

ダーリンがそんな事したら、
私だったら三下り半です^^

絶対に、譲らない部分です。

<バニショコママさん>
本当ですよね。
ちなみに今夜も会いましたよ。
二頭を10mくらい後ろに残して歩いてました。
なんだかな~!って感じです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 叱る! | トップページ | 風邪! »

ゴル男の仲間達