フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 愛犬を知るということ | トップページ | 叱る! »

2008年4月22日 (火)

可愛がる?甘やかす?

さて、今回は、私達普通の飼い主が悩んだ末に落ちやすい「落とし穴」、「可愛がる?甘やかす?」について、書きますね。

実際、色々な本に「甘やかしてはいけない!」とは書いてありますが、決して「可愛がってはいけない」とは書いてないですよね。

でも、これが飼い主さんに犬を「甘やかすこと」と「可愛がること」を混同させてしまって、下手をすると「可愛がること」をためらわしたりしちゃうんですよね。

誰でも、せっかく可愛いワンコを迎えたんだから、思い切り可愛がった方が楽しいですよね、皆さんはどうでしょうか?

実際、多くの飼い主さんも本音の部分では、たくさん一緒に遊んで「飼い主さん大好き!」みたいに思われることを願っていますよね。

だから、「可愛がること」をためらう必要なんて全くないんですよ。

少なくとも私はためらうことなく、ゴル男を可愛がりましたね。どちらかと言えば「可愛がるつもりで甘やかしてた」飼い主だったのかも知れません!

でも、実際「可愛がること」と「甘やかす」ことの差って、かなり感覚的なことであって、飼い主さんの「判断」によって、可愛がっているつもりが甘やかしていたり、甘やかしてはいけないとばかりに可愛がることをためらったりしちゃうことがあるんですよね。

これが大きな「落とし穴」になっていると思うんですよ。誰もが落ちやすい「巧妙な罠」になっていることが多いんですよね。

ちなみに私も「落ちました」。

下手をすると「犬」との関係を難しくしちゃったりするんですよね。

大体の「しつけ本」には、

『犬を甘やかして、何でも自由にしてはいけません、「犬」にきちんとした対応をしないと何でもやりたい放題の「不良犬」になってしまいます』みたいな事が書いてありますよね。

これは正しいですよね。私もそう思っています。

でも、先ほども書きましたが、「甘やかすこと」と「可愛がること」の違いを理解することが私達普通の飼い主には難しいんですよね。

人間の子育てと一緒で、明確な「区分」なんてありません。

だから、飼い主さん自身が判断するしかないんですよね。

そこで、私なりの解釈ですが

「甘やかす」=「必要なしつけをしない」「犬のやりたい放題を認める」って考えることにしています。

じゃあ、具体的に「甘やかさずに可愛がる」にはどうしたらよいのでしょうか?

手順を追って、私なりの考えを書きますね。

最初は、とにかくたくさん遊んで、思い切り可愛がることが一番だと思います。

「甘やかす」位で構わないと思いますよ。

これまで何回も書いているように、私は一緒に遊ぶことから愛犬との「絆」作りの第一歩が始まると思っています。

一緒に遊んだり、愛犬の日常生活を観察して、とにかく「犬」の気持ちを理解出来るように努力することが大事だと思っています。

ただし、これが重要なんですが、飼い主にとって都合の悪い「要求」や危険が伴う「要求」は「理解」することは必要だけれども、「叶える」必要はないと思うべきですよね。

もっと、はっきり書けば「叶えてはいけない」こともあることを忘れてはいけないと思いますね。

じゃあ、愛犬からの「飼い主に都合の悪い要求」って何のこと?ということなんですが、これはケースバイケースですよね。

それぞれの「家庭の都合」で判断することだと思いますね。

飼い主さんが「出来ない」もしくは「良くない」と思うかどうかで決めればよい事だと思います。

「雨の日の散歩」なんて、典型ですよね。それぞれの家庭のルールとして決めればよいと思いますよ。

ちなみに我が家では基本的に散歩は「雨天中止」です。

あと、危険が伴う「行動の要求」は絶対に叶えてはいけませんね。それぞれの家庭の方針によると思いますが、要求に対する「無視」や「叱ること」で対処すべきだと思いますね。

ただし、「犬」が本能的に「したがること」を止めさせることは、かなりの根気がいることを忘れないでくださいね。

これは結構大変だと思います。「犬」が生得的に持っている傾向は、中々「消せない」んですよね。

ここまで書いて来ると、飼い主が好むと好まざるに関わらず叱るときも必要になるということが出て来るんですね。

となると、次には「叱る」が重要ということになると思います。でも、これにも「落とし穴」が隠れているんですよね。

以前にも何回か書きましたけで、次回は「犬を叱る」について書きますね。

自慢じゃないですけれども、参考になると思いますよ。何と言っても私には失敗談が有り余る程ありますからね。

ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待

« 愛犬を知るということ | トップページ | 叱る! »

コメント

ホントに「可愛がる」と「甘やかす」って分かってるようで
微妙にずれてたり・・・
我が家も甘やかしてるつもりはなくても
ショコラの行動を見た人からは「甘やかしたね」って言われるし
可愛がってるはずなのに「寂しいんじゃないの?」って
アドバイスもらうし・・・・

でも、甘やかすことがマイナスに繋がるわけではなく、
むしろショコラには必要な事だと確信できたので
バンバン甘やかしてみたいと思います。
また落とし穴に落ちたりしてcoldsweats01

しつけの本じたい、あんまり読んだ事ないんですけど、例えばご飯。飼い主のほうが先っていうのが
普通?でもうちは、ワンコのほうが先です。

食べさせてしまってから落ち着いて、食べたい^^
だからと言って、私のほうが上だ~~!って
バニラとショコラが思ってるようには、感じません。

一応、駄目!って言葉には、ちゃんと反応するようになってくれたので、最近は、楽になってきました。
トイレは100パーおりこうさん。
好き嫌いもない。
二匹の仲も良好。
でも、お手はできないし、マテも私の手から
離れると(食べ物が)できない。
普通のワンコが出来そうな事は出来ませんが
飼い主の私は、随分、楽になった・・・と
つくづく感じます♪でもまだまだ!いろんな事
きっと覚えていくんでしょうね♪

ちなみにうちは、甘甘です^^

<ショコラママさん>
その通りですよscissors
今は、自信を持って甘やかしてくださいshine
落とし穴には、私が先回りして「ふた」をしておきますから、ご安心をsign03
第一甘やかす位の方がみんな楽しいでしょnote
楽しいが一番ですよhappy01

<バニショコママさん>
我が家もそうですよ。
甘甘で全然オッケーですよねscissors

それぞれの家が楽しくてnote
社会に迷惑をかけなければ、構わないんですよshine
ちなみにゴル男はお手はおろか、何の芸も出来ませんよhappy01
無芸大食ですsign03

こんばんは。
ご無沙汰しています。
私は、かなり「しつけ本」に惑わされたくちです。
最初の子のすももが、かなり強烈な個性の持ち主だったので
4ヶ月頃から6ヶ月くらいまで、すごく悩みました。
結局、それが今のトレーニングにつながってるんですが
そのおかげで、わんちゃんの性格に合ったしつけがあるんだって事を
学ぶことが出来ました。
今も悩みながら、一緒に勉強中ですが
全員で楽しめるようにしています。
正直、私たち夫婦は、とっても甘甘な飼い主なので
トレーニングなどでコントロールしてるつもりが
実は、わんずたちに上手くあやつられてるのかもしれません。(笑)

<sumodzさん>
皆さん悩んだんですよね。
そして段々、絆ができて、楽しさが増して来るんですよね。
とにかく楽しいが一番ですよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛犬を知るということ | トップページ | 叱る! »

ゴル男の仲間達