フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題行動の治し方(原因編) | トップページ | 問題行動の治し方(知識編) »

2008年4月10日 (木)

問題行動の治し方(原因編)2

さて、今回も前回に引き続き、問題行動の治し方(原因編)2と題して書きますね。テーマは『ワンコと人が一緒に暮らすための「知識と指導力」』についてです。

「指導力」と書くと何か難しい感じがしますが、「教え方」のことです。

とにかくワンコと暮らすためにはワンコに関する知識、敢えて言うなら「正確な知識」が必要ですよね。これは皆さんも当然のことと思っていただけると思います。

では、どんな知識が必要なのか?となると多分意見の分かれるところだと思いますね。まあ、本屋さんのペットコーナーを見ると、大体、

①犬種に関する本

②健康に関する本

③食餌に関する本

④しつけやトレーニングに関する本

ってところが代表的な種類ですよね。さて、この分類の中で何が「必要」かというと、私の独断と偏見で言わせてもらうと、どれも「必要ではありません」となります。

「興味」があるから読む!程度で構わないと思いますよ。とにかく勤勉な日本人は「本」に影響されやすいと思うのですよ。勤勉?な私はとにかく「本」に頼ってばかりいました。その結果、「本」と違うことに悩み、「本」と同じように出来ないことにあせりました。

だから、「興味」程度に抑えるべきなんですよね。

じゃあ、正確な知識はどうやって得るのか?

答えは

①愛犬の日常生活の観察

②愛犬との触れ合い

以上の二つを実行することで、愛犬の表情の変化や体調の変化は確実に理解できるようになるし、何と言っても、先ずは「愛犬に関する知識」を得れば良いんですから!

「全犬種オールマイティー」になる必要なんて全くないんですから。当然ですよね。

先ずは、「愛犬の気持ち」を理解出来るようになることが一番ですよ。愛犬の欲求を全て正確に把握出来る!という自信を持ちたいですよね。

そうしてから、愛犬の要求に応えるかどうかの「選択」が出来るようになるんですからね。

でも、それだけじゃ「どうやって指導して良いか分からない」って言われそうですよね。

これも簡単!して欲しくないことは「明確に拒否」すれば良いし、して欲しいことは「愛犬と一緒に楽しみながら誘導」すれば良いんですよ。

まあ、これだけじゃ、「全く分からない!」って声が聞こえてきそうなので、次回、「知識と指導力」と題して、もっと詳しく書きますね。今回はこれにて終了します!

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 問題行動の治し方(原因編) | トップページ | 問題行動の治し方(知識編) »

コメント

ん?なんだか子育てのような感じですね。
現在二人目子育て中の私、長女の頃と同じ様に接しても同じ反応は帰ってこない。
その子に合った育児をしていかなくちゃならないんだと、毎日色んな初めてに出会い面白いやら大変やらです。
そうですよね~犬も子も同じなんですよね。

昨夜の散歩は犬とすれ違うことなくなんだか肩透かしでした…。
ここら辺気付けば犬少ないんですよね…。

私もペットに関する本に、かなり翻弄されたクチですね。
ペットを飼う前から
本を読んでそれなりの知識を頭に叩き込んだつもりが
最初の子のすももが、かなり問題児で
まったく、本に書いてあるとおりにいかず
慌てました。
ベネッセの「犬のきもち」も購読してました。
書いてある事を実践しようとしましたが
本に載ってるとおりには治らない。
うちの子は、普通じゃないのかって思いましたよ。(笑)
いまだにすももはわが家の問題児ですが
一緒に生活する事で問題回避を学んだり
学習好きな彼女の性格にあわせてトレーニングに励んだりして
今では楽しく過ごしています。
人間と一緒で10匹いれば性格も10通りですね。

<COAさん>
本当にそうかも知れませんね。
ワンコも千差万別ですよね。
だからこそ、一緒に暮らすことがさらに楽しくなるんですよね。
散歩、頑張ってくださいね。

<sumodzさん>
私も同じ本を定期購読してましたよ。一年間も!
でも、色々な問題があっても全部がその仔の個性としてある程度受け入れたら、あとは「楽しい」だけが残ると思うんですよね。
受け止め方で、飼い主さんの気持ちもワンコの気持ちも変わると思うんです。
とにかく、楽しむことが一番ですよ!
楽しくなくちゃ駄目だと思ってます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題行動の治し方(原因編) | トップページ | 問題行動の治し方(知識編) »

ゴル男の仲間達