フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 春よ、来い! | トップページ | やってきました! »

2008年3月 2日 (日)

格闘の仕方

今回は、以前、私が「神の手復活」で書いたゴル男との格闘の仕方について書きますね。実は、どうやってるの?と聞かれたりしたもんですから・・・。今回書かせてもらいます。

実際のやり方はすごく簡単なんですが、よく「フレンチブルドッグひろば」にある「噛み付いてくる」なんて問題の対処にも役立つと思うので書くことにしました。でも、これは、「咬まれないテクニック」で「止めさせる方法」ではありませんからね。念のため。

先ず、左手(私の場合は左手です)の手首を曲げて親指の付け根の下のふくらみをゴル男の口元に当てるようにします。当然、ゴル男はここに前歯を当てにきますが、その際に、残りの4本の指でゴル男のあごの下を指で巻き込むようにして掴みます。(ちょうど、柔道で襟を掴むような感じで、指先を巻き込むようにします)

そしてゴル男の歯が強く当たる(噛む)ようでしたら、あごの下を掴んでいる4本の指に力を入れてゴル男を引き寄せます。ゴル男の噛む力が弱まります。

もっと制御したい時には、左手はあごの下を掴んだまま、さらに、右手で首(背中)を掴みます。掴んだ右手で首の皮ををひねるようにするとゴル男は腹をだして寝転がるようになります。

まあ、こんな風にしてますね。

ポイントは、とにかく先ず下から手を当てて、必ずあごの下を掴んでいることですね。そしてその掴む力の強弱でコントロールするのが一番簡単だと思いますよ。

でも、くれぐれもワンコが向かって来ることが前提ですからね。ワンコを追い詰めて下手に手を出してこれをしようとすると的が定まらずに「咬まれるだけ」なんてことも有り得ますから注意して下さいね。

ちなみに私は、ゴル男が興奮してる時にだけやります。家の中でも外でもやりますよ。これを見た友人曰く「みるみる左手が腫れていくのが分かる」そうですから、痛くないということはありません。

だから、お薦めはしませんよ。でも、これ位の迫力で立ち向かわないとかつて破壊王と言われ、17kgもある巨大なフレブルが興奮していたら、制御出来ないと私は思ってます。

そして格闘終了時には、私が立ち上がり、ゴル男に「お座り」「伏せ」「待て」をさせます。これで完了!ゴル男は何事も無かったように普通に戻り、ある時は「寝」、また、ある時は自然に動き回るようになります。

まあ、本当にお薦めはしませんが、「咬まれる」なんてことで悩んでいる方には、我が家の方法としてお教えしておきます。

どんな本にも書いてない私オリジナルの方法なので、あまり参考にはしないで下さいね。私が言いたいのは、決して怯まないで欲しいって事だけですから。方法なんて何でも良いと思いますよ。ただ、棒とか新聞紙とかで叩くのは止めてもらいたいと思ってますけどね。やっぱり自分の体で立ち向かって(猛獣じゃないんだからこの表現は変ですね、まあ、気持ちの問題としてです)欲しいですね。

さて、今日も、ドッグランの日です。

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 春よ、来い! | トップページ | やってきました! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春よ、来い! | トップページ | やってきました! »

ゴル男の仲間達