フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 出会いと手なづけ | トップページ | リハビリ!2 »

2008年3月18日 (火)

リハビリ!

さて、今回は番外編として、私ゴル男が管理犬として活躍する「ドッグラン」の話をすることにしよう。

くどいようだが、私の正式な名前は「BARDO」(バルド)である。横文字の苦手な我が飼い主♂がゴル男などと勝手に呼ぶが、読者の皆さんには、そこのところを是非、ご理解いただきたい。

さて、先週もドッグランをやって来た。ゲストは、新入生のショコラ、この春、卒業予定のアニエス、トレジャー、既に卒業なのだが何故かママさんが留年希望のエルザ、サラ。あとは、我々管理犬達である。

今回の私は「ショコラ」担当である。我が飼い主♂はいつもこのブログの中で私のことを「デカ過ぎる」とか言っているが、実際、ショコラは私の半分程度しかなく、あながち我が飼い主♂の言っていることもウソばかりではないことを実感出来た。

ショコラは身体は小さいが元気はすごい!管理人の親父達が作ったショコラ専用ランに私が入場し、ご挨拶となったのだが・・・

いきなりのアタック開始!まあ、私は馴れているので軽くいなしていたのだが、ヒット・エンド・ランがしばらく続いた。私は「咬む」ことはしない。咬まれても決して咬み返したりはしない。ゴルパンチのみで対処するのである。

これはかなりのテクニックを必要とするのであるが、愚鈍な我が飼い主♂は気付いていないのだろう。何の賞賛の声も発しない。不満だ!

このように、私はきちんと管理犬の役割を果たした。もちろん、ショコラの観察も怠ることは無かった。以前のショコラは「犬」をロックオンすると「行け!」とばかりに走り始め、ヒット・アンド・ヒットだったのだが、今回のショコラは、ヒットすると一度飼い主さんの側に戻る。そして、またヒット、というパターンであった。

前回に比べると明らかに飼い主さんを意識するようになっていた。私の講義が終了して、飼い主さん達との遊びに移行してからは、その傾向は、より一層顕著に見られるようになった。大きな成長である。

多分、前回からの一週間、パパさんママさんが頑張ったのであろう!賞賛に値すると思う。この点を我が飼い主♂はきちんと把握しているのであろうか?パパママに報告できたのであろうか?

鈍い飼い主を持つと本当に「犬は苦労する」のである。思い返せば私は本当に苦労の連続であった。いつもわが身の不遇を嘆き、涙を流してばかりいるから、今では「涙やけ」で苦労している。何もかも奴のせいである!正直、ムカツク。

話を戻そう。

ショコラの成長は素晴らしいものであるが、私には彼女の「苦労の背景」が理解出来る。私にも同様の経験があるからである。多分、彼女は幼い頃に辛い思い出があるのだ!

我ら「犬族」が群れとして暮らしていると、「遊びの中で集中的に個犬を攻撃する」ということがあるのだ。この場合、概ね「生命の危機」なんてことにはならないのであるが、「負け犬」を作ってしまうこともあるから、注意が必要である。

さらに、あくまでもこれは「群れ」としての暮らしの中で許されることであり、たまたま出会った「犬」にさせてはいけないのだ。特に幼い頃にこのような経験をしてしまうと「犬に対する恐怖心」が生まれてしまったりする仔もいるから、飼い主諸兄には十分に注意してもらいたい。

私の場合、「恐怖心」は生まれなかったが「犬嫌い」にはなった。まあ、それも今は改善されており、何の問題もないのだが、未だに○○は嫌いだ!彼女には、もっと辛い思い出があるのであろう。

それでも、後半には、ネット越しとは言え、ある程度他のワンコと近づいても落ち着いていたし、何よりもママに抱かれて、皆と一緒に食事が出来たことは大きな成果である。

それだけ、飼い主さん達への信頼感が増したのだろう。帰り際には、何と、抱かれたまま他のワンコに匂いを嗅がれても落ち着いていた。ママからの「ショコラ、大丈夫だからね!」という心の声が彼女に安心感を与えたのだろう。

人間には無理でも、ワンコは飼い主の微妙な心理状態と読み取ることが出来るのだ。私はたまに、私が我が飼い主♂を教育しているような気分になるときがある。まあ、実際にかなり教育したことは事実である。

ここまで書くと、読者の皆さんは私の観察力に感心していることだろう!でも、正直に告白すると、ワンコは全員理解しているのである。「知らぬは飼い主ばかりなり」なのである。

世の中の犬と暮らす「人」はどれほど「愛犬の気持ち」を理解しているのだろうか?そんなタイトルの本まで売られているくらいだから、多分、多くの飼い主さんが「理解出来ずに悩んでいる」のだろう。

何故、目の前にいるワンコを見てあげないのだろう?我ら「犬」はいつも飼い主を見ているのに!

何故、心を通わせようとしないのだろうか?私達はいつも受け入れ態勢が出来ているのに!

「人」とは本当に不思議な生き物である。いつも我々を「理屈で理解しよう」としているような気がしてならない。お互いに共通した言語を持たない我々なのだから、もっと、心と身体で会話が出来ないものなのだろうか?

我々「犬」はいつも素直も感情を身体で表現し、飼い主に訴えているではないか!

決して犬を舐めてはいけない!舐めるのは犬の専売特許なのだから。

オチもついたし、また長くなったので、今回はこの辺で終了する。

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私の飼い主♂へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 出会いと手なづけ | トップページ | リハビリ!2 »

コメント

ゴル男ことバルドォ~sign03
ウチのおやじみたいなこと言うねぇ~。bleah
まぁ その通り何だけどぉ。eye
人には、中々判らないみたいよぉpout
それにしてもさぁ バルドもバルトもハナも
そしてあたしも頑張ってるわりには、評価が低いわよねぇ~。 
お互い苦労するわよねぇshock

             by葉月ことプロプライエティー

<はづうづおやじさん>
みんな色々言ってますね~
でも、食生活は確実に豊かになっているんだから
良いじゃないですかね!
バルトもハナも葉月もゴル男も!

ゴル男先生~いや違ったバルド先生!!
日曜日はちびっ子ショコラへの実技講義ありがとうございました。
先生に向かって「ヒット」を繰り返す礼儀知らずを
許してくだされ~
よぉ~く、言って聞かせたけれどたぶん次回も
「ヒット」の嵐かとsad
懲りずに教えてやってくださいませsmile

そぉそぉ、パパからもショコラの成長への評価の
お言葉は貰ってますよ!!

<ショコラママさん>
それはよかったです。
私の飼い主♂は気が利かないので心配していたのですよ。
ショコラも確実に成長していると思いますから
これからも一緒に楽しみながら、皆で遊べるように
なりたいと思ってますよ。
ショコラにもよろしくお伝え下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いと手なづけ | トップページ | リハビリ!2 »

ゴル男の仲間達