フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 人の願望 | トップページ | 外泊 »

2008年3月28日 (金)

犬の願望

さて、今回は予告のとおり、我ら「犬の願望」について書くことにしよう。

「願望」と言っても。我々「犬」は「人」ほど欲深くもないし、気まぐれでもないので、簡単に理解していただけると思う。

とにかく「飼い主」との「絆」を確立したいのである。

我々「犬」は決して「人」を裏切ったりはしない。一度「絆」を確立さえすれば、生涯ともに生きる誓いを立てる。

この「誓い」は人がよく口にする「一生のお願い」などという「いいかげんなもの」では決してないのだ。

この「絆」が確立されるまで、私達「犬」は常に不安と同居している。

自分の側から離れていく飼い主が戻って来ないのでは?・・・分離不安に陥る仔もいる。

自分の願いを飼い主がどう伝えれば理解してくれるのか?・・・欲求吠えや粗相につながる仔もいる。

多くの「犬」の場合、飼い主を選ぶ権利もなければ、犬としての本能のおもむくまま生きる自由もない。

全てが「飼い主次第」なのである。我々は多くを望んだりはしない。たった10の約束を守ってもらえば十分である。

それが「とても出来ない。一つだって無理」と思うのならば、犬との生活など最初から諦めて欲しい。以下の文章は、我が飼い主♂が友人達と活動をともにしているNPO法人Wan's LifeのHPにも載せてある文章である。

我々「犬」からの「願い」と思って読んでいただきたい。

「犬の十戒」

1:私の一生は10~15年くらいしかないのです。
少しでもあなたと離れていることは、私はとても辛いのです。
どうか私を買う前にそのことを思い出しなさい。

2:あなたが私に何を望んでいるかを、私が理解するための時間を与えなさい

3:私を信用しなさい。これは私の幸福には死活問題です

4:長い時間私を叱るのはやめなさい。
そして罰として私を閉じ込めることもいけません。。

5:私に時々話しかけなさい。
たとえ私があなたの言葉を理解しなくても、私に話しかけている時は、あなたの声を理解しています。

6:あなたが私のことをどのように扱っているのか、私は決して忘れないので注意しなさい。

7:私を叩く前に思い出しなさい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるのに、私はあなたを噛まないだけだということを。

8:私の非協力性、強情さ、怠情さを叱る前に自問しなさい、私がそうである原因が何かあるに違いないと。
正しい食事を与えられてないのかもしれないし、長い時間外の太陽にさらされていたからかもしれないし、
私の心臓が年をとって弱っているのかもしれない。

9:私が年をとっても面倒を見なさい。あなたも同じように年をとるのです。

10:最期の時には私の側に居なさい。「面倒見切れないわ」とか「私が知らなかったことにしよう」などと言わないこと。あなたと一緒が私は1番安心できるのです。
そして、決して忘れてはいけない、私はあなたを愛してることを。

以上である。決してお忘れなく!

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私の飼い主♂へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

« 人の願望 | トップページ | 外泊 »

コメント

う~ん本当にそぉですね。
犬は飼い主を選べないんですから選んだ我々が
どぉ接するかでその仔の一生が左右されますもんね。
最近のショコラの変化をみて理屈では決して語れない深い部分があるってことを今更ながら気づいた
ダメママです(汗)

<ショコラママさん>
確かに理屈ではないんですよね。
「愛情」は見えないものですが、
確かに私達とワンコの間に存在するものなんですよね。
ただ、その伝え方が難しいんですよね。
これからも頑張りましょうね!!

私は、映画の原作を読みました。
泣きました。でも、ちょっと話の中の飼い主さんには
「え~」っと思いましたよ!だって、1度愛犬と離れるわけですから・・・。考えられないですよね~・・・。
たぶん、あたしが耐えられません(^^;)
バボは、どこでも生きていけるのかなあ・・・(T_T)

<バボママさん>
私は映画は見れませんね~
初老の涙は美しくないし・・・
とにかく、長く一緒にいたいですね。
どんなに格闘しても、一緒にいたいですよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人の願望 | トップページ | 外泊 »

ゴル男の仲間達