フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 頭の中は? | トップページ | 先週のドッグラン »

2008年3月10日 (月)

犬だから・・・

少し間が開いてしましましたが、前回の続きです。何故、犬は飼い主に誉められることを喜び(報酬とも言いますね)と感じるのか?というテーマで書きますね。

最初に「犬」と「人」の出会いみたいなことから書きますね

「いえいぬ」の起源については、概ね1万4、5千年位前に遡るようですね。また、古い祖先は「狼」ということで落ち着いているようです。でも、その進化に関する見解は色々あるようで、ミトコンドリアDNAからは、およそ13万5千年前に「狼」から別れ、独自の進化を遂げてきたと言われています。まあ、これが簡単な起源みたいなところです。

では、何故、「犬」が「人」と暮らすようになったのでしょうか?「犬」は最初に「人」が「家畜化」した生き物とされています。人が「捕獲」して飼育したのでしょうか?それは違いますよね。概ね1万5千年前と言えば、人がようやく集落を作ったころだと思いますし、当時の人が最初から「犬」を「捕獲」して「飼育」して「家畜化」することを目的とした、とは考えにくいですよね。

私はこう考えます。実は「同居」を「選んだ」のは、「人」ではなくて「犬」の方だと。つまり、人類の側で暮らそうと思ったのは「犬」の方が先で、その後、「人」が「同居(共生かな)」⇒「家畜化」を考えたってのが正解なんじゃないかなあ~と思っています。(同じ見解は色々な本にも載ってますよ)

第一、「犬」の走力に「人」はとてもかなわいし、「生きたまま捕まえる」なんて無理だとは思いませんか?だから、当時から「人」との生活は「犬」にとって魅力的な生活だったんでしょうね。「人」からしても「残飯」を食べて周囲を綺麗にしてくれるし、周囲に何かあれば教えてくれるし、非常に有益な「生き物」だったと思いますよね。

こう考えると、結構昔から「人」と「犬」との「絆」はあったんだと思うんですよね

それから、次第に「人」は「犬」に仕事を与えるようになって、そのために適した犬種まで作り出したんでしょうね。まさしく「作った」んですよね。だから、「犬種」の特性なんてのが存在するんですよね。

でも、現在、私達の周りにいる「犬」の多くは「失業中」なんですよね。「仕事」がない!

私は「定年後」の生活にあこがれる「窓際族」ですが、実際に「退職」したら、多分、しばらくの間は、日々何をしたら良いのか悩んだりするものの、結局、毎日毎日何をするわけでもなく、ゴロゴロしているだけで時間を無意味に過ごし、挙句、カミさんに迷惑がられる「粗大ゴミ状態」になるのかも知れませんね。

でも、多くの「犬」の生活は、そうなんですよね。完全失業中、それも生まれた時から!

「犬」は「狼」ほどではないにしても、やはり、少数の群れ⇒「家族」での生活をするんですよね。野犬の生活は、そのようですよ。この点は「人」と同じ。

だから、一緒に暮らしていれば、「犬」が「人」を同じ「群れの生き物」、同じ「家族」と考えるのは「ごく自然なこと」だと思うんですよね。でも、「犬」は「人」を変な「犬」だと思っているようですけどね。

まあ、理屈はなんでも良いんですけど、結果、「人」と「犬」は一緒に暮らしているんだから、表現は「リーダー」でも「親」でもどちらでも良いんですけど、「人」が「犬」に何かを与えなければ、「完全失業中」の「犬」の生活は、かなりつまらないものになりますよね。

「番犬」でもよし、「留守番犬」でもよし、獲物のレトリーブ(回収)の代わりに「ボール遊び」でもよし、何かを与えてやるべきじゃないでしょうか?飼い主さんの横にきちんとついて歩く「散歩」も立派な仕事ですよね。「無駄話の相手」なんてのも良いですよね。

そして「お仕事」のあとには「報酬」ですよね。仕事を成し遂げた喜びの他に「報酬」までもらえたら最高ですよね。まあ、私の場合は「報酬」があっての「仕事」ですけどね・・・

では、「報酬」とは何か?難しい本には、最高の報酬のひとつとして「社会的に優位に立つ者と絆が強まること」と書いてあります。

結局、飼い主さんとの「絆」が強まることは、それ自体が「報酬」になるんですよね。だから、この関係を作ることが大切!これがないと「おやつ」をもらっても「食べる喜び」は満足出来ても、飼い主さんとの「絆」は強化されないでしょ。また、難しい表現を使うと「一時的報酬」「二次的報酬」と言うんですけど、とにかく私達の「愛情表現」が一番重要なんですよね。「誉める」、「撫ぜる」、「一緒に遊ぶ」、私達の全ての行動が「犬」との「絆」を強めることになると私は思っています。

結局、「犬」にとっては、「すべき事(仕事)」と「報酬(飼い主の愛情)が必要だと思いませんか?私は、そう思ってます。そう考えると「ゴル男の破壊活動」も私達夫婦が作り出してしまった「仕事」なのかも知れませんね。

今回は、なるべく私の考えを分かりやすくお伝えしようと思って、少し回りくどい表現になったのかも知れませんが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

さて、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回は、先週のドッグランの様子を書きますね。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 頭の中は? | トップページ | 先週のドッグラン »

コメント

そう考えるとどんな仕事を与えるのがいいのか考えないとですね~。
何をしてもらおうかな~(^-^)
八兵衛には多くを求められないですが・・・。

うちの子達の仕事は、私を癒すことかな^^
あとは、まぁ・・・。
もともと!運動不足の私を、お散歩って
かたちで手助けしてくれてること・・・
くらいでしょうか^^

<八兵衛ママさん>
「一緒にいて、楽しく過ごすこと」が
立派な仕事だと思いますよ。
ゴル男は「足しにならなくても良いから、
邪魔をしないこと」が重要な任務です。

<バニショコママさん>
十分です!
それが一番だと思いますよ。
楽しい「家族」!
素敵じゃないですか

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の中は? | トップページ | 先週のドッグラン »

ゴル男の仲間達