フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« しつけの悩み | トップページ | 犬のしつけの失敗談 »

2008年2月 1日 (金)

今、困っていること

これは、私のことなんですが、原因は先日「間抜けな話」で書いた怪我なんですよ。

私は、今まで必ず「体を使って遊びましょう!」って言ってるんですが、ゴル男と私の遊び方。それは分かりやすく書くと「格闘」なんですね。

でも、遊び方が決まっていて、必ず左手を使って遊ぶんです。手のひらをゴル男のあごの下に持っていって軽く押すんです。(マズルコントロールじゃないですよ)

そうするとゴル男は、私の親指の付け根に歯をガシガシぶつけてきます。格闘スタート!段々ゴル男が興奮してくると、たまに強く歯が当たるときがあるんですが、そんな場合には、右手で首を掴んで「痛いだろ!」と言って警告のイエローカード!を出します。

するとゴル男は我に帰って、「とうちゃん、ごめん!」とばかりにお腹を見せます。そして遊びを再開して欲しい時には、おじぎのポーズをとります。でも、これは犬が遊びに誘うときのご挨拶。一応、私は「俺は犬じゃないんだけどなあ~」と思いつつも格闘再開。

カミさんに「二人とも邪魔!」とか言われながらも、毎日、私が疲れるまでやってます。結構、私も一緒に楽しんでます。

そして、私が「はい、終わり」と言って終了。

この一言を合図に、それまで散々唸り声をあげて興奮していたゴル男も何事もなかったように落ち着きます。

ゴル男にすれば「親父の相手をしてあげるのも結構疲れるんだよな。とうちゃん、満足したか?」ってなところかも知れませんね。

前置きが長くなりましたが、今は、これが出来なくて困っているんですね。

一応、ゴル男は「とうちゃん、遊ぼ!」って来るのですが、少しでも指に当たると、飛び上がるほど痛いんですよ。なんせ、ゴル男は17kgもある巨大なフレンチ・ブルドッグなので、受け止めるだけでも、結構大変なんですよね。

早く、良くならないかなあ~。

さて、次回からは、またまた心機一転!

先日、「しつけの悩み」について書いたら、随分多くの方に見ていただいたようなので、次回は、私自身のしつけの失敗談を書きますね。失敗のオンパレードになるかも知れませんが・・・一応、今は解決済の事なので、参考になると思いますよ。

乞う、ご期待!

« しつけの悩み | トップページ | 犬のしつけの失敗談 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しつけの悩み | トップページ | 犬のしつけの失敗談 »

ゴル男の仲間達