フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 休憩が苦手な仔 | トップページ | 春よ、来い! »

2008年2月29日 (金)

我慢の限界!

今日は、いつもの私の飼い主♂に代わり、私「ゴル男」が書くことにする。何故かと言えば、日頃私の飼い主♂の独断と偏見に満ちた文章で、多くの人々に私に対する誤解を植え付けている理不尽な行為が許せないからである。もう、我慢の限界だ!

先ず、奴は私の名前を「ゴル男」と書いているが、私の家系図によれば私の正式な名前は「BARDO」(バルド)である。意味は知らない、興味もない!しかし、決して「ゴル男」などという訳のわからない名前ではないのだ!

大体、この名前とて怪しいものであり、最初は「ゴルディ」だったはずである。しかし、この名前さえ、ペットショップで私の魅力に負けた飼い主♂が「どうしても今日、連れて帰りたい」と大人気ない行動をとった結果、とっさに思いついた名前、そう、当時、志村動物園というテレビ番組で、チンパンジーと一緒に買い物に出掛けるブルドッグの名前を付けてしまったのである。

賢明な読者なら直ぐにお気付きだろうが、一体、私の身体のどこに「ゴールド」があるのか!私は完全無欠な白黒のパイドだ!第一、あの「ゴルディー」は♀ではないか!

私のプライドは著しく傷ついた。さらに私の飼い主♂は追い討ちを掛けるように私のプライドを傷つける行為をした。いつの間にか奴は「ゴルディー」とさえ呼ばず、私を「ゴル」とだけ呼ぶようになったのである。

当然に私はこの無礼な行為に対して毅然たる態度で抵抗した。「ゴル」などと呼ばれても決して奴の側に行かないのである。まあ、たまに奴が私に「どうぞ、お食べ下さい」とクッキーなどを持っている場合には、食べてやることにはしているが・・・

また、書こう、私の名前は「BARDO」(バルド)である。

さらに、私の飼い主♂は散歩途中にあった人々に私の名前を尋ねられると、先方がなんと言い返そうが面倒くさそうに「はい、そうです」と答える。犬種ですら「パグですか?」「ブルドッグですか?」と聞かれても「はい」と答えるくらいである。元々横着者なのである。

多分、幼い頃に人間として「社会化」に失敗したのだろう、かなり厄介な問題である。

結果、人によって私の名前が違ってしまうのだ。ある人は「ゴローちゃん」と言い、また、ある人は「ゴルゴちゃん」と言う。

全く無責任極まりない♂である。そしてついにある時馴染みのカフェである女性に「ゴル男」と言われてから、私の名前が「ゴル男」になってしまったのである。

全く理不尽な話である。さらに私の馬鹿飼い主♂は「馬鹿ゴル」などと呼ぶ時さえある。私のプライドはさらにさらに傷つく!お前にだけは言われたくない。

それに奴との散歩はつまらない。やっとの思いでタバコ臭い家から離れ、新鮮な空気が吸えると思っても奴にはそんな地球上の生物として当然の権利さえ理解出来ないのだ。

私にひたすら歩くことばかりを要求する。樹木や花の香りを楽しみながら、風流心を楽しむなどという高尚な行為が理解出来ないのである。

元来ガサツな奴だということは理解しているが、私が周囲に漂う犬族の香りを嗅ぎながら「どんな可愛い仔かなあ~」なんて想像していると直ぐに邪魔をする。

何が「ついて!」だ!当然、私は無粋な命令は無視することにしている。私が満足するまでは、奴の言う事など聞けるか!それに奴との散歩には私に強い味方がいるのだ!私の飼い主♀である。彼女はかなり私の自由の権利を認めてくれる。優しいのだ!

私の日頃の注意深い観察では、彼女が我が家のαボスである。

飼い主♂の地位は低い。せいぜい「働き蜂」といったところだろう。それが証拠に毎月同じ日に飼い主♀からお金をもらっている。多分、奴は自活する能力がないのだろう。

我が家は女系家族である。そんなことも理由の一つであるかも知れないが、多分、奴はロマンティストが嫌いなのだろう。確かに奴には縁のない世界であることは間違いない。

奴は、私がドッグランで拾い喰いばかりしていると何回も書いた。それは間違ってはいない。ただし、奴は私の事を卑しいがごとく書いているが、それは違う。

私は、好奇心が旺盛なのだ。さらにいつ襲ってくるか分からない食糧危機に備えて食材としての「適」「不適」の確認をしているだけなのだ。

それが証拠に「不適物」を食した際には、注意力のない飼い主達にもはっきりと分かるように必ず我が家の居間のソファーの上で嘔吐しているではないか!いつも私の努力は報われない。

さらに私の飼い主たちは、私がまだ幼いころには「早く、大きくなるといいねえ~」などと言い、毎日のように私の体重を量っていたくせに、最近彼らの口から出る言葉といえば「どうして、こんなに大きくなったのかな~?」ばかり。

何故、大きくなったかなんて私には分からない。ただ、私に責任がないことだけは確かである。多分、彼らは私の体重をいつ量ったのか、記憶も無いだろう!完全に現実逃避をしている。情けないヤツラだ!

私の体重測定は完全に動物病院のみとなっている。ちなみに私は動物病院が好きだ。タバコ臭い飼い主♂に無理やり抱えられて体重計に乗るなんてまっぴらご免だ。いい香りのする可愛いお姉さんに抱っこされ、優しく話しかけられ愛撫され・・そんな体重測定をこれからも希望する。

そうだ、最後にこれだけは書かねばなるまい。私の飼い主♂は、このブログの中で「暴力はいけません」と何回も書いているが、私にすれば「お前、いつから記憶喪失になった?」と尋ねたい。

そうでないとすれば「多重人格」なのかも知れない。

私は幼い頃、何回も彼の理不尽極まりない暴行を受けた。私が好奇心からちょっと家具及びその他諸々を破壊したからといって何なのだ!どうせ、大した家具など一つもないくせに!多分、私の飼い主♂は「小心者」なのだろう。

まあ、それでも最近は、私の熱心な指導により、理性を失うようなことは無くなったが、願わくば、このまま平和に一生を過ごさせてもらいたいものである。

さて、まだまだ私の飼い主♂に対する不平不満は数多くあるが、今回はこれくらいにしておこう。

最後に一言だけ、たまには、私の飼い主♂も正しいことを言うこともあるようだ。

それは、「飼い主に劣るワンコはいない!」という言葉。まさに私の教育の成果だと思う。これからも私は、私の駄目飼い主の教育に励まねばなるまい、そうしないと私の生活環境が悪化するかもしれないから・・・

多分、次回は私の飼い主♂が、また、私の悪口でも書くのだろう!

そんな男だが、まあ、読んでやってください。

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私の飼い主♂へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« 休憩が苦手な仔 | トップページ | 春よ、来い! »

コメント

ゴル男くん!とっても面白かったわ!もう笑っちゃった!
そうなのよね!私たちにもいろいろ言いたいことはあるわよね!たまにはゴル男くんもこうやって思ってることを吐き出しちゃうのがいいわ!楽しいもん!

(笑)ゴル男くん、ちょっとはスッキリしたかな?
多分、ショコラも言いたい事イッパイあるんだろぉ~な(汗)

<雛のママさん>
そうなんですよ。
ゴル男も相当たまってるみたいなんですよね。
言いたい放題でしてね。

<ショコラママさん>
かなりすっきりしたんじゃないかな?
でも、みんなそうなんでしょうね。

うちも既に八兵衛ではなくハチとしか呼ばない事も(^-^;)
ゴル男君不満を吐き出してスッキリしたかな??
私達が一生懸命あれこれしても、実は手の平の上で転がしてるんじゃなくて転がされてる?って思う事があります(^-^)
またそんな自分が楽しかったりするんですけど♪
パパさんもゴル男君も仲良くね~(^-^)

<八兵衛ママさん>
名前は結構、皆さん略してますよね。
ま、こちらは「愛称」みたいに考えてるんですけどね。
ゴル男は満足してるみたですよ。
今はご飯食べて寝てます。
今日もドッグランやるし、奴のストレスは完全に解消すると思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休憩が苦手な仔 | トップページ | 春よ、来い! »

ゴル男の仲間達