フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 問題解決編 part2の続き | トップページ | ハウストレーニングの失敗 »

2008年2月 6日 (水)

おもちゃの誘惑と挫折

これまで何回か道具を使った遊びとかしつけについて書いて来ましたが、私は何もおもちゃとか道具を使うことが悪いとは思っていません。要は使い方だと思います。

今回は誤った使い方の見本=私の事です、について書きますね。

我が家でゴル男におもちゃを与えるようになったきっかけは、以前に何回も書きましたがゴル男の破壊活動でした。サークルから出すようになって(この失敗は次回書きますね)部屋の中(当時は居間限定でした)を自由に動けるようになったゴル男はすぐさま何でも壊す悪魔に変身しました。

とにかく何でもかじる!ひっぱる!壊す!その繰り返し。

皆さんは、床に寝転んで本とかを読むときにソファーを枕にすることはないですか?私はいつもそうしています。そのソファーが突然、何の前触れも無く動くんですよ。

見るとまだ一歳にも満たないちび犬が(ただし、標準よりはかなりでかいので12kgはありました)ソファーの端っこをくわえて一生懸命引っ張ってるんです。これがまたずるずる動くんですよね。おかげでソファーはびりびり。

私に叱られると今度は食卓の椅子の下にもぐりこんで、少しはおびえたり、反省でもしているのか?と思いきや、椅子の裏の生地をビリビリに!また、ある時には食卓の椅子で丸くなっているので、おとなしく寝てるなあ~なんてと思っていると奇妙な音が・・・「がりがり、がりがり」・・・ゴル男が一心不乱に椅子をかじってました。ついに我が家の椅子のうち一脚は廃棄処分に・・・

まだまだあります。ホットカーペットのカバー、テーブルの下の敷物、私の携帯、窓枠、ドア、備え付け家具の化粧板、家具の取っ手・・・無数にあります。正直、我が家の居間で木製で無傷のものはありません。ソファーのへりに乗ってふすまの高さ1m位のところまでかじりました。金属製のものだって・・・止めますね。とにかく凄かったです。

当時、ゴル男にとってのお留守番はさぞかし楽しいものだったんでしょうね。なんせ、何でもかじり放題、動かし放題だったんですから(これは冗談ですよ。でも「やったこと」は事実です)

前置きが長くなりましたが、これを何とか防ぎたくて最初に導入したものが「骨ガム」だったんです。「かじっても良いものをあげれば良い」と何かの本に書いてあったで、与えたんですが、私の場合、肝心なことが欠落していたんですね。かじっても「良いもの」と「いけないもの」をきちんと教えるってことが。

導入にあたっては、もちろんゴル男がどんな奴か分かっていたので、大型犬用のとにかくでかいやつにしました!ゴル男も結構気に入ってガシガシやっていたので「作戦成功!」とヌカ喜びしていたら、何のことはない、ゴル男にとっては、かじっても叱られないものが一つ増えただけだったんですね。頻度は減ったものの、相変わらず色々なものをかじってました。結果、作戦大失敗!

これには後日談もあって、いくら大きな骨ガムでも日頃の地道な努力が実ったのか、端っこを丸呑みして入院までしました。皆さん気をつけましょうね。

次に選んだのがおもちゃだったんですね。だからこの時点でゴル男の破壊犬としての素質は十分に開花していたんですよ。結果は、以前に書いたとおりです。ゴル男の「獲物」のメニューに一種類追加されただけだったんですね。

ボールの引っ張りっこも同じようなもんです。私としてはゴル男を何とかしたいと思って「しつけ本」に頼り、ボールを使った遊びとかをさせようと思っただけだったんです。その際にはご褒美として「おやつ」も用意して家の中でボール遊びをしました。何とか出させる練習もしようとしました。

でも、ゴル男は「おやつ」を見れば「おやつ」にしか目が行かないし、「おやつ」をあげれば、すぐさまボールをくわえて逃げるわで頭に来た私が「追いかける」「無理やりボールを取る」ということをやって、その「遊び方」をゴル男に教えてしまったんですね。

これが私の失敗です。対処については、前回書いたとおりです。

途中にも書きましたが、少しでもワンコに関する知識のある方なら、『だから「ハウストレーニング」が重要なんですよ』って思われますよね。

次回は、この無法者を何故サークルから出したのか?「ハウストレーニングの失敗」について書きますね。

乞う、ご期待!

« 問題解決編 part2の続き | トップページ | ハウストレーニングの失敗 »

コメント

うちの子たちも、ガム系のもの・・ジャーキーに
至るまで。やばいです。喉に詰まったの、引っこ抜く・・・もう必死です。

うちの家具も、エライコトになってます・・。
ほとんどのものは、傷ものです^^
静かな時は、たいがい悪さしてます。

二匹が別々に・・・。

でも、さすがですね~。ソファが動くなんて・・。
今のゴル男ちゃん・・相当な力!あるんでしょうね~。そう思うと、やっぱ、多少のしつけは
必要になってきますね。必然的に。

<バニショコママさん>
でも、全部が楽しい思い出になるんでしょうね。
多分、いつかはきっと・・・
今は、情けないほうが先ですけどね。
でも、まあ、一緒に暮らしてることが、
楽しいことには間違いないし、「ま、いっか」ってとこです。
バニショコちゃん達も幸せなワンコ=ママも幸せでしょうから、オッケーですよね。

木をかじるっていうのは、やはり乳歯の関係じゃないのですか?
うちは、それぞれ一番のこだわりが会って、ミョウは本棚を一段全部、雛はキッチンの間に設けたゲートをかじりまくりました。
でも、1歳過ぎたころからだんだんかじらなくなりました。今は落ち着いてますよ。
小太郎はほとんどかじるクセはなかったんですが、そしたら3歳くらいまでで犬歯が抜けずに残ってました・・・。

<雛のママさん>
多分、そうだと思います。
今なら分かるんですけど、
当時は全然分かりませんでしたね。
まあ、ゴル男ももうじき4歳になるので、
やっとそんなことはしなくなりましたけど、
当時は、本当に大変でしたよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 問題解決編 part2の続き | トップページ | ハウストレーニングの失敗 »

ゴル男の仲間達