フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ゴル男の叱り方 | トップページ | 人が苦手な仔 »

2008年2月21日 (木)

ドッグランでの嫌な経験

「理想のドッグラン」についてのコメントをいただいた皆さん、どうもありがとうございました。結果的に違うテーマになりましたけど、いただいたご意見は、私達のドッグランに反映させていただきますので、これからも何かお気付きのことがございましたら、ご連絡いただければと思います。

さて、「ドッグランでの嫌な経験」。これはもう、皆さん随分あるようですね。ドッグランばかりじゃなくて「公園」とかでも結構あるみたいです。

先ずは、ゴル男の悲惨な公園デビューの経験から書きますね。(以前にも書きましたけどね)

近所のお散歩も一応馴れてきたので、ゴル男にもお友達が出来たらいいなあ~なんて思って、近所の公園にカミさんと私とゴル男で出掛けました。公園と言ってもかなり広くて、その中の盆地のような場所に以前からワンコ達が集まっていたのを知っていたんですね。

でも、とにかく私は犬嫌い一筋50年という筋金入りの犬嫌いでしたので、その時の私の心境は「ゴル男のためになるなら」「犬の事を少しでも教えてもらえたら」の一念で「何があっても我慢我慢」って感じでしたね。

公園到着後は、とにかく皆さんに丁寧にご挨拶をして「初めての犬なので何も分からないので色々と教えて下さい。」とお願いしました。

一応、皆さん暖かく迎えてくれたのですが、その中のリーダー的な存在の女性が「とにかくリードを外してあげなくちゃ、みんな外しているんだから、わんちゃんが可哀想でしょ」と一言。

私達が「まだ、呼んでも来ないし、うちの仔は無理だと思うんですけど・・・」と言うと、「大丈夫よ、ここは外に出れないんだし、皆良い仔ばかりだから安心して」

そんな会話をしている最中に、他の飼い主さんが「噛んでる、噛んでる」。ふと足元のゴル男を見ると、そのリーダーみたいな方の三頭のワンコ達に噛まれてました。(まあ、遊ばれてたんですね)

結局、私達もその場の雰囲気に逆らえずにゴル男を放したのですが、ゴル男がその仔達から逃げるように走り始めたら、その仔達も一斉に猛ダッシュでゴル男を追いかけ始めました。ゴル男は必死でしたね。直線的に逃げました。

すると突然、ゴル男が見えなくなり、その仔達は戻って来ました。私達が慌てて見に行くとゴル男は側溝に落ちて泥まみれになっていて、抱き上げたらチェリーアイにもなっていました。結局、そのまま動物病院に直行。幸いチェリーアイは一時的なものでその後出てはいませんが、大変な公園デビューになってしまいました。

もちろん、皆さん親切心からのアドバイスだったので、私達も怒ったりはしませんでしたし、恨みに思うなんてこともありませんでした。でも、その後私がその公園でゴル男のリードを外すことはなかったですし、もちろんドッグラン以外でリードを外すことはありませんね。

次は、ドッグランでの経験です。

皆さんからは「あるドッグランに入ったら、ウ○チが放置されていて汚かった」とか「同一犬種の方達で占領されているようで入るのを止めた」とか「常連グループがあって入りずらかった」とか「禁止されているのにおもちゃやおやつを使っている人がいた」とかの意見が多かったですね。

私は、こういったドッグランの場合、運営者の姿勢に問題があると思うのですがどうでしょうか?少なくとも、有料の場合、適正利用を促すための管理人を常駐すべきだと思いますね。確かに利用者側の問題とも思いますが、きちんとルールを説明して、そのルールを守ってもらうのが管理責任だと思うんですけどね。

でも、金銭的に無理なんでしょうかね。私達のようにボランティアだから出来ることかも知れませんね。

じゃあ、ここで私達のドッグランのルールは、というと、実は細かいルールなんてありません。常識の範囲かな。「ワンコのための施設」ってことを理解して下さい位ですね。常に私達がいますから、問題を感じたらその都度注意しようとは思っていますが、これまでのところ、そんなことはありませんね。皆さん、きちんと利用してくださってますね。

まあ、皆さんワンコに対する考えが私達と同じってことなんでしょうね。ワンコを家族として一緒に暮らされてる方達ばかりですから。だから、私達も相談事に真剣になれるんですけどね。

あとは、必ず、事前に連絡して下さいってことだけです。中には、犬が苦手で他の仔と一緒に入れないって仔達も来てますから、事前に利用時間の調整はさせてもらってます。それに少数利用を前提に考えてますから、事前の予約だけは必ずしていただいてます。

過去に一度だけ、利用をお断りしたことがあるんですが、それは、訓練士さんから訓練場としての利用を打診されたときだけですね。これは訓練士さんと飼い主さんとの間で金銭的なことも発生するし、土日祝祭日のみの開場ですから、時間的にも無理がありましたからね。

また、話題がそれましたね。すいません。

私自身のドッグランでの嫌な経験は、やっぱりルールを守らずにボールやおもちゃを使用している方と出くわしたときかな。ゴル男はボールとかおもちゃが大好きで、特によその仔の持ってるのが大好きなんですね。隣の芝生なんでしょうね。

もう、一度、くわえたら絶対に放さない!これは前にも書きましたけどね。そして壊す。そして私が誤るの繰り返し。たとえ相手がルールを守っていなくとも、他人のものを取ればこちらが悪いことになりますからね。だから、禁止されている道具の使用が気になりますね。

あと、ドッグランに入場するかしないかの判断ですが、オフ会みたいな団体使用の方達がいたら入らないですね。その場の雰囲気を壊すのも嫌だし、実際、違う犬種が入ってくるのは、先方も嫌でしょうしね。

それ以外は、単純に雰囲気かな?外からしばらく様子を見て、興奮状態の仔がいたら入りませんね。ゴル男を加害者にも被害者にもしたくありませんから。こんな仔がいる時って、意外と飼い主さんがどこにいるのか分からなかったりするんですよね。私にはその方の感覚はよく分かりませんが実際に経験したことがある話ですよ。

さて、最後に一つ、私からのアドバイスです。公園はともかくドッグランとかで、みんなが自由に遊んでいるとき、よく追いかけっこが始まりますよね。でも、この追いかけっこでも、常に一方的な場合には注意してあげた方がいいですよ。

遊びは「交代」が原則ですから、追いかけたり、追いかけられたりがないと「一方の仔」だけが楽しんでるだけの場合もありますからね。いつもどちらか一方、という仔をお持ちの飼い主さんは気をつけて下さいね。

犬同士の遊びの場合、遊びは本能的なものなので、「狼」の事例を参考として良いと思うんですが、狼の場合、追いかけっこをするとき、円を描いて走るんだそうです。そしていつの間にか、逃げる側が追いついて、立場が逆になったりするんだそうですよ。

あと、狼の場合、遊びから本格的な闘争になることがほとんどだそうですから、その点も注意してあげて下さいね。

α=ボスの交代劇も最初は下位の狼が遊びを装って始めるそうなんですが、その際にαがきちんと対応(警告・威嚇ですね)しないと、次は本格的な争いになるそうですよ。(エリック・ツイーメンは著書「オオカミ (その行動・生態・神話)白水社」)

不特定多数の仔が集まる場所では、飼い主さんが守ってあげるしかないってケースも多いですから、あまり神経質になる必要はないと思いますが、少なくとも愛犬から意識を外すことだけはしないようにしましょうね。何かあってからでは、遅いですから!

私も管理人をやっているときは、常にワンコを目でおってますよ。○○は楽しそうに走ってるなとか、○○ちゃんは休憩中だなとか、ゴル男は相変わらず何か喰える物を探してるなってとこですかね。

特に初対面のワンコ同士がいるときには、かなり注意深く見てますよ。どの仔も加害者にも被害者にもしたくないですからね。まあ、馴れてくれば、あとは犬社会の問題として必要以上に関与はしませんけど、最初はどの仔も緊張してますから。

中には、ゴル男みたいに「俺には関係ないから」みたいな顔をして、最初からわが道を行く仔もいるにはいますし、誰に対してもフレンドリーな仔もいますけど、とにかく最初は注意が肝心ですね。

さて次回からは、シリーズでワンコの性格的なことを書きますね。特に「苦手」がある仔達について書きますね。

第一回のテーマは「人が苦手な仔」です。

なお、ドッグランについてのお問い合わせ、私へのメッセージは、

Wan’s LifeのHPhttp://wans-life.org/の相談室からお願いします。

次回もまた、乞う、ご期待!

« ゴル男の叱り方 | トップページ | 人が苦手な仔 »

コメント

嫌な経験でしたね、本当に・・・。
怖い思いして、チェリーアイ出たんですね。
興奮すると出るって言われました。
バニラもまだ、時々出ます。

バニラは、3回目か4回目にして、
初めてリード外しました。

私が、心細かったってのと、
まだ、バニラさんのことを信用してなかったんです。

噛まないか?
噛まれないか?
他の子と仲良くできるか?

ショコラより、優秀でした^^
ショコラはね~。気が強いので、
未だに心配です。
チビの頃から、やる気満々なので^^
怖がりのくせに・・・。あ、怖がりやから?かな?

<バニショコママさん>
まあ、ゴル男には嫌な経験でしたね。
でも、別に「犬嫌い」になったわけでもないので、
今は自分自身の教訓として活かそうと思ってます。
確かにフレブルには結構イケイケが多いから、
フレンドリーではあるんですけど、
誤解もされやすいですよね。

ご心配されてるようですけど、ママさんがついていればバニショコちゃんは大丈夫だと思いますよ。
よく見てますもんね。
ブログを拝見して本当に感心してます。偉い!
実際、ご自分の愛犬をよく見てない、わからないなんて方もいらっしゃいますからね。

こんばんは。
以前にも書きましたが、うちはドッグランには
最近はめっきり連れて行かなくなりました。
近所の公園のランなんですけど
ルールを守らない飼い主さんが多い事と
プチオフ会の雰囲気がイヤで・・・。
あからさまじゃないけど、「オジャマ虫~」って感じで見られるのが
耐えられません。
で、トレーナーさんに相談したら
「あそこのランはルール違反が多くて、事故も多いらしいので
うちのワンズも連れて行きませんよ」と言われました。
そして「すもちゃんたちは、自分たちで仲良く遊べるから
ムリしてよそのわんちゃんと遊ばなくても良いんじゃないですか」
のことばで、更に気持ちがすっきりしました。
今では、すも・あんは敬遠の仲ですが・・・。

幸い、この公園はとても広いので
トレーニングでも使っていますが
ロングリードをつけて遊ばせるのに最適なので
わざわざドッグランに行くよりは、ここで遊ぼう~になっちゃってます。
だけど、やっぱりノーリードで思う存分走らせてあげたいなって気持ち
はありますね。
今のところは、夢ですけど・・・ね。

<sumodzさん>
私と同じですね。
いつか皆さんと遊びに来てくださいよ。
暖かくなったら、ピクニック気分も味わえますよ。
お待ちしてますよ~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴル男の叱り方 | トップページ | 人が苦手な仔 »

ゴル男の仲間達