フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 犬のアレルギー | トップページ | 犬のダイエット »

2007年7月 1日 (日)

犬の抜け毛

普通、犬の毛は年に1、2回生え変わるって言いますけど、室内犬になるとあまりはっきりとした生え変わりがない場合もありますよね。

我が家のゴル男の場合、夏と冬では明らかに毛は違うんですけど、抜け毛はオールシ-ズンの問題です。

多分、他のフレンチ・ブルドッグも同じだと思うのですが、とにかく抜ける!いくら掃除機をかけてもかけても追いつかないくらいに抜ける!毎日ブラシをかけていても抜ける!

ゴル男がパピーの頃は「抜け毛大変でしょ?」と言われても、実際にはほとんど無かったので何とも思わなかったのですが、1歳になるころ(ゴル男は4月生まれなので、ちょうど春ですね)から抜け毛がすごいことになって来ましたね。

そして抜けた毛はどうなるかというと、衣服に刺さる!私の場合、遊び着はともかくスーツにゴル男の毛をつけて毎日出勤です。もちろんスーツを着て遊ぶことなどないにも係わらず!

だから部屋の掃除も掃除機ばかりではなく、コロコロやガムテープ、輪ゴムいろんなものを使います。

冬場は、「手」。指先でかき集めるが主流です。でも、カミさんからすれば私とゴル男の格闘が一番いけないみたいです。一応ブラシをかけてからやるのですが、激しいので私もゴル男の毛が飛び散るのがわかるくらいですから。

今は、もうほとんど夏バージョンになって来たのですが、それでも結構抜けてますね。

我が家流の夏毛バージョンの確認方法なんですが、これまでにも書きましたが、以前ゴル男は湿疹大王だったので、夏毛になるとその後が見えるようになるのですね。ようは「シミ」がはっきりと見えてくるのです。今まで白かった部分がうっすらと黒くみえるようになるのですね。

嫌な方法なんですが、実際にはっきりと変化がわかりますよ。湿疹のせいで、毛が薄くなってしまった部分もわかるようになります。

何か段々、まだら犬に変化していくような気がしますよ。顔、おなか、脚と段々まだらになって行きます。

というわけで、私は夏が嫌いです。散歩にも自由にいけないですもんね。でも、ゴル男が我が家に来るまでは、夏大好き人間だったのですが・・・・

しみじみ私はワガママな人間だと思います。だから、ゴル男がワガママなのも仕方ないのかも知れませんね。トホホ

« 犬のアレルギー | トップページ | 犬のダイエット »

コメント

犬種によってほんとに違いますね!短毛だと抜けないだろうと思っていたらとんでもないことなんですね!
私の主観ですが、常に毛が伸びつづけて、トリミングが必要なワンのほうが抜け毛が少なくって、逆に、一定の長さまできたらもう伸びないワンのほうが抜け毛が多いような気がします。

↓読んで、なんとなく過保護はいけないなぁ、と思ってしまいました。野生児のほうがタフなのかしら・・・

<雛のママさん>
確かに短毛種のほうが抜け毛がひどいですよね。
柴犬もすごいらしいし。
でも、長毛の仔達も量的にはかなりすごいらしいし、プードルにしてもカットとか必要だし、皆さん苦労されてるんでしょうね。
まあ、野生児のタフさはいいと思いますよ。でも、さすがに限度がありますけどね。

一歳を過ぎると・・・ですか!

うちの子たち・・特にショコラは、
全く気にならないんです。
バニラは・・確かに抱っこしたりすると
たくさん洋服につきますが・・。
いざ!!ブラッシング?
なかなか、思うように取れないんですよ。
なので・・たまに洋服用のコロコロ、
私が使ったあと!直接コロコロしたり^^

<バニショコママさん>
う~ん、良くはわからないですけど、
ゴル男は大人になってから凄くなりましたね。
毛質も変わったし、とにかく凄いですよ。
今は、毎日格闘です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬のアレルギー | トップページ | 犬のダイエット »

ゴル男の仲間達