フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 我が家の犬グッズ | トップページ | 犬の水泳 »

2007年6月26日 (火)

犬の食事マナー

食事のマナーと言っても、お上品に食べるとかじゃありませんよ。大体、フレンチ・ブルドッグはお世辞にも食べる様子は美しくないですよね。

今日は、「早食い」とか「拾い食い」とかのお話です。

小さい頃のゴル男は、とにかく早食い!「カレーライスは飲み物」と言った芸人さんがいましたけど、まさにそんな感じで、口に入れては素早く飲み込むって感じでしたね。

私としては、「いくらなんでも、こりゃまずいよな~。他の仔を見ても一回二回は噛んでるよなあ、どうしよう?」って感じでした。そこで考えたのが、まず水分を多くして、フードを柔らかくすることでした。

当時のゴル男のご飯は100%ドッグフードだったので、フードをざるに入れて表面を洗うことはしていたのですが、更にぬるま湯でフード自体をぐちゃぐちゃにしたんです。(でも、見るからに不味そうでしたね。)

そうするとフードを舐めるように食べるんですね。これって結構効果ありますよ。少なくとも喉に詰まらせるなんて心配はしなくて済みますから。あとで知ったんですが、私の知り合いの専門家もパピーにはしてるそうです。

でも、フードを噛むことがなくなると、歯が汚れやすくなるので、その点は別のケアが必要になりますけどね。

次の対策は、食事中に「声を掛ける」ってこと。これは早食いには効果ないんですけど、食事時間を長くするには効果ありますよ。幸いゴル男は猛烈な食欲の持ち主なんで、途中で声を掛けてもそのまま食べなくなるなんてことは無かったですしね。

たとえ食事中であっても飼い主さんの声に注目するっていうのかな。きちんとアイコンタクトが出来るっていいことだと思いますよ。

それにこれは、よくあることなんですけど、食事中に誰かが近づくと威嚇するとか唸るなんてのを止めさせるのにも効果がありますよ。

ゴル男も小さいときには食器に触ると警戒することがあったんですけど、今では、食器に手を触れようが、取り上げようが全然問題なしです。食事中に呼んでも私のところに来ますよ。(でも、直ぐに食事に戻りますけどね。)

さらに手ですくって食べさせるなんて方法もありますよね。そうすると「人の手」が「神の手」になると教えてもらったこともあります。まあ、我が家では実践しませんでしたけど。

次は、拾い食いとかおもちゃを食べるなんて仔に良い方法。でも、きちんとしつけが出来ている仔には何の意味もないことですから、我が家は問題ありと思う方だけ読んでください。

室内とかドッグランとかでノーリードのとき、犬が何か下に落ちているものを口に入れた瞬間、飼い主さんが追いかけるなんてことがありますよね。私もドッグランにいるときによく見かける光景なんですけど、でも、それは止めたほうが良いと思いますよ。

名前を呼んでハッとさせるまではオッケーだと思うんですけど、追いかけると大体犬は逃げますよね。そして取り上げられると感じた瞬間、何故か、飲み込もうとするんですよね。

皆さんは経験ないですか?私は何回もありますよ。そして翌日のウンチチェック。本当に何回もあります。

そこで我が家の対処法ですが、名前を呼ぶまでは同じです。

次にゴル男の大好きなもの=お菓子を手に持って振ります。ケースに入れてあるので、音もするんですね。これで、ゴル男の作業は中断します。作戦の半分は成功です

うまくいけば、口の中のものを出して、私に近づいてきます。作戦大成功です!

でも、まだ口の中にある場合には、お菓子の箱を振りながら、ゆっくり近づきます。そしてゆっくりしゃがんで、なるべくやさしく「ぺっ、しなさい」と言います。そして、口から出させるようにしてます。

でも、ここまでしないと駄目な場合には、絶対に出さないってこともありますから、要注意です。まあ、危険なものでないときには、いさぎよくあきらめましょう!

この際の注意事項⇒「決して追いかけない」ってことです。これ大事。お忘れなく!

そして最後の手段、危険なものを飲み込んで出さない場合の対処方です。

これはもう、首根っこを捕まえて、無理やり口の中に指を突っ込んで出させる。私はこのやり方が上手いですよ。何回も経験してますから。

まあ、口の間に指を入れるってのが一番簡単な方法ですが、大きな物を取り上げるときには、カラーをつかんで、持ち上げて首を絞めて出させたこともあります。(でも、この方法はお薦めしませんよ、危険ですから)

まあ、何といっても、きちんとしたしつけをして、拾い食いなんてさせないことが間違いなく一番大事なんですけどね。

今回は、あくまでも駄目飼い主の緊急時の対処法ですから、あまり参考にはならないかもしれませんが、とにかくお互い注意しましょうね。

« 我が家の犬グッズ | トップページ | 犬の水泳 »

コメント

うちのミョウも丸呑みしちゃうんですよ!
だから、アキレスとかガムとかはほとんどやってません。
噛んでたべるか呑みこむかって、その子が生まれながらにもつ性格とかあるんでしょうかねぇ?
そのかわり、この特技のおかげで、ミョウは「ペット早食いコンテスト」なるものに出場したことあるんですよ。狆はさすがにミョウだけでしたけど・・・。

<雛のママさん>
犬は大体かじりとって、飲み込むってのが普通ですよね。
やっぱり、肉食だからなんでしょうね。
でも、短頭種の仔は特に噛まないですよね。
まあ、何の得も無いとは思うのですが・・・
本当によく分からないですよね。

わが家は、いまだにフードをふやかしてます。
硬いままだと、変なところに入っちゃうらしく
フガーッて苦しんじゃうので。
オヤツでも、なりますよ。(笑)
でも、虫歯になりやすいんですよね。
これも、気になるんですが。
拾い食いは、すももはまったく治りません。
トレーナーさんにも、かなり厳しくされても
ヘッチャラです。
打たれ強いと言うか、性格がキツイと言うか
こんな子いるのってくらいの根性の持ち主です。
って、自慢になりませんけどね。

<sumodzさん>
拾い喰いはゴル男もたまにやりますよ。
何か楽しいんでしょうね。
多分、すももちゃんもゴル男と同じで
好奇心が旺盛なんですね。
やっぱ、手がかかるんですね。

ショコラが今!ひどいひどい!!
お腹に虫のいる子は、石とか土をよく食べると
トレーナーさんに言われました。
今、大好きなおやつで釣りながら、家の周りで
特訓中です^^

それも・・おやつでも段階があって・・。
見向きもしないおやつと・・飛んでくるおやつ^^
バニラは・・・なんでも!!飛んできますが、
ショコラは、見て考えて・・あんなん、いらん!
って思ったら・・石に飛びついてますね・・><

うちは、とにかく水分量を多く取れるという
理由から、3食ともおじやさんです。
二匹いると・・食べるのも競争になるので、
やっぱ、離して食べさせて正解です・・。

<バニショコママさん>
土とか食べるのは、
ミネラル不足とも言われますけど、
厳密にはわからないみたいですよね。
まあ、気長に教えるしかないんでしょうね。
私達に出来ることといえば、
少しでもゆったり食べさせること位しかないですもんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の犬グッズ | トップページ | 犬の水泳 »

ゴル男の仲間達