フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« フレンチブルドッグと皮膚病 | トップページ | フレンチブルドッグと暑さ対策 »

2007年5月 8日 (火)

フレンチブルドッグのサイズ

 JKCの犬種スタンダードによれば、フレンチブルドッグの体重は8kgから14kgとなっている。となると当然に16kg超のゴル男は救いようがない程のオーバーサイズ!でも、我が家に来て3ヶ月位までは、チビで痩せてて、見るからに貧相な姿だったのですよ(でも、破壊王ではあったけどね)。

 性格もまさしく内弁犬で、他の仔達と遊ばせたいと公園に行ったら、自称犬名人らしき方から「こういうところに来たら、リードを外して遊ばせてあげないと駄目よ」と言われ、躊躇しながらもリードオフしたとたん、ゴル男は、まるで弱虫で遊ぶどころか、他のワンコ達から逃げるのが精一杯。全員がノーリードで飼い主さんたちの制御も効かず、バグには噛まれるわ、フレンチブルドッグには追い掛け回されて側溝にドボンして泥だらけになるわ、ショックでチェリーアイになるわで、そのまま動物病院へ直行!本当に散々な公園デビューでした。(皆さん禁じられている場所でワンコをノーリードで遊ばせるのは止めましょうね、たとえその場のリーダー格の方に言われてもね。)

 それが、ある日初めてドッグカフェなるものに行ったときに店のオーナー(この人物は見た目はどこかのあんちゃんみたいだけど、トリミングと訓練の師範なのですよ)から「もっと食べさせないとダメ!」と言われ、目標にと、彼が仕上げたフレンチブルドッグのチャンピオン犬の写真を貰ってからは、目指せチャンピオン犬とばかりにかなりの量を食べさせた。それからは、みるみる成長し、体高、体長、体重とも他の仔とは比べ物にならないほど大型になってしまったのですよ。(マジに重いっすよ)

 力もどんどん強くなり、ロープのひっぱりっこの相手は常に体重50kg超のバーニーズのお嬢様だし、、ある時など、ソフトボール位のおもちゃをジャーマンシェバードの男の子と鼻がくっつく程に接近しながら引っ張り合い、最後まで両者譲らず、結局、互いの飼い主が引き離す始末。

 幸いゴル男には攻撃性がないので、今まで一回もケンカをしたことはないけど、ここまで大きくなると、今度はお散歩でも公園でも他の飼い主さんからは敬遠されがち。「怖いね~」などとワンコに話かけながら立ち去る人もいるくらい。

 さすがにフレンチの飼い主さんからは、そんなことを言われたことはないし、かえって大きいから話し掛けられやすいみたい。ただし、皆さん会話の最初は「大きいですね~。何kgですか?」から始まる。そんなとき私は「はい、16kgです。大きいでしょ!でも、おとなしいから平気ですよ」と言って、しばし、フレンチ談義に花を咲かせる。ゴル男の大きさが会話のきっかけになってるのが楽しい。

 大体、私は体重なんて何kgだって構わないと思っている。肥満で苦しめたら問題だけど、大きい仔を小さくは出来ないしね。なんたってゴル男は我が家の可愛い長男坊だから、洋服は全ておかあの手作りだし、これからも愛情いっぱいで暮らそうぜ!なあ、ゴル男よ!!(本人、食後で爆睡中です)

Img_0015

大好きなおかあの膝枕で爆睡中

« フレンチブルドッグと皮膚病 | トップページ | フレンチブルドッグと暑さ対策 »

コメント

我が家の長女と次女のことも忘れないでね☆

う~ん!たまに忘れてたりしてね。もちろん冗談ですよ

はじめまして(^O^)/
ゴル男君、デカイですね〜。パイドは、なぜか大きい子が多いですよね
パパさんとママさんの愛情たっぷりで育ったんですね。
うちの、銀次郎はタイガーブリンドルで、10キロです(^O^)/
埼玉寄りの茨城に住んでます
良かったら仲良くしてくださーい

<女帝さん>
はじめまして。頑張って更新しますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203081/14986161

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチブルドッグのサイズ:

« フレンチブルドッグと皮膚病 | トップページ | フレンチブルドッグと暑さ対策 »

ゴル男の仲間達