フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 椎間板ヘルニア | トップページ | 犬嫌い »

2007年2月15日 (木)

専用ドッグラン

 ゴル男が椎間板ヘルニアになってから、私の周りで病気になる仔が続いている。同じ椎間板ヘルニアでも、ある仔はゴル男よりも軽く、ある仔は手術が必要であったり、中にはもっと重い病気の仔もいる。病気の仔達を見るのは辛いものだ。

 実は、私は、お世話になっているドッグカフェのオーナーからの勧めもあり、昨年、友人達とワンコのためのNPO法人を設立したのだ。まだ発足してまもなくメンバーも少ないのだが、その中のワンコ達が病気で苦しんでいるのだ。

 そこで私は友人と二人で病気で苦しんでいるワンコ達のために何か出来ないものかと考えた。そこで考えついたのが、メンバー専用のドッグランを作ることだった。思い切り自由に飼い主さんとワンコで遊んで貰おう!ということ。元気な仔は元気いっぱいに、病気の仔はリハビリを兼ねて。とにかく自由にして貰う事が第一なのだ。昨年の秋、NPOの発足時にワンコと一緒に梨狩りをしたことがあり、今回もその農園を借りようと思いついたのだ。幸い、農家の方からも週末限定で管理人がつくことを条件に春先までなら更地となっている畑と奥の畑を使ってもよいとの承諾を得た。それから二人(といっても、私は買出し専門だったのだが)でドッグランを突貫工事で設営し、1月末にオープンした。

 ドッグランを作ってから、思わぬ喜びもあった。最初は、病気の仔のためにと思っていたのだが、メンバーの紹介で初めてのワンコも遊びに来てくれたりしているのだ。もちろんメンバーのワンコ達も来ている。ドッグランは2面あってそれぞれが約1000㎡あるから、仮に相性の悪い仔達であっても別々の場所で自由に遊べる。もちろん無料である。私達は週末は管理人となり、毎回やきいもやジャガバターを作っては、ワンコ達と分け合い、出来の良し悪しを語り合っている。やっぱりワンコと屋外で自由に過ごすのはメチャクチャ楽しい。でも、かなり疲れる。(正直、月曜の出勤は辛いですよ)

Img_0047 Img_0050 Img_0049

« 椎間板ヘルニア | トップページ | 犬嫌い »

コメント

たしかに疲れるね。
でもみんな喜んでくれるから、その場は元気でいられる。
けど家に帰るとおやじもグッタリします。
まぁ楽しんで貰えればOKでしょう。

はづうづ親父さん>可能な限り頑張って続けましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 椎間板ヘルニア | トップページ | 犬嫌い »

ゴル男の仲間達